ゲートボールをいま思う

体協通信 vol.45
ゲートボールをいま思う
市原市ゲートボール協会

 戦後の混乱いまだ収まらざる昭和22年、北海道の住人の手により、当時遊具も持たない子供たちのためにと発案されたゲートボールは、道内の学校関係者により普及伝導され、その後九州で開催された全国レク大会で活動状況が報告されたのを機に、全国へと普及した。
 この競技は特別な施設、用具、体力等必要とせず、取り組み易い利点からいつしか高齢者に愛用され、併せて国の福祉施策も相まって、一時はテレビ放映されるなどその記憶は未だ新しい。このような競技に今興じられるのも、先人たちの紆余曲折の道を乗り越えての賜物と感謝したい。
 昭和20年代から昭和30年代前半にかけて、スポーツを楽しむには経済的、精神的、時間的に余裕もなく、競技も休眠せざるを得なかったと史実は訴えている。昭和50年代になると先にも述べたように国の施策も加わり競技の再来を果たし、最盛期を迎える事になる。
 その後、レクスポーツとして発足したこの競技も、対抗意識が高まり勝敗にこだわるようになった。その反面、加齢による脱退者も多く、チームの運営に暗雲がと心配される側面もある。市原でも、これまで築いてきた先人たちの意を無駄にする事は出来ないと、会員一同、失地回復にと腐心している。
 これまでの歩みからして、必ずや再来の日も遠からずと信じ頑張っているが、世情を云う高齢者間でも、昨今は美徳であった連帯意識より個人意識へと移行が強まりつつある。
 以上のような観点から、我が市原も時の流れには従わざるを得ません。これからは勝敗より親睦と健康保持により競技を楽しみたいと思います。

★ゲートボールに興じませんか。
・比較的簡単な施設・用具でできる
・単純そうで奥の深いゲーム
・運動量が少なく安全である
・特別な体力・運動能力を必要としない
・普段着でできる
・親睦と交流を深めるのに効果的である

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る