市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.8

大野敦也(ライト)(写真右)
姉崎中学校3年

「高校での硬式に慣れるため、ポニーに入りました。ポニーに入り、野球だけでなく、挨拶や返事、礼儀などが学べたと思うし、野球も基本をしっかり教えてもらえた。ケガが続いてしまったので、早く治すと同時にケガをしないよう、あらためて身体のケアをちゃんとやっていきたい。外野で守備の上手いロッテの岡田選手が好き。今も社会人野球をやっている父は色々アドバイスしてくれるし、母は弁当を作ってくれ、妹も試合の応援に来てくれることもある。勝つとおめでとうと言ってくれる祖父母。家族皆に感謝しています」

今富大輝(センター)(写真左)
姉崎中学校3年

「ポニーに入って2年の時、右バッターだったのを左に変えるよう指導され、変えてみたらバッティングが良くなった。もっと良くしていきたい!あと、入る前に比べ食事量が増えた。家では毎日ポニーのプログラム、30分トレーニングをこなしている。父がバッティングをみてくれ、母はバランス良い食事を作ってくれる。感謝してます。中学で部活は硬式テニス。楽しいです。グリーンの歌が好きで、よく聴いています。高校でも野球を続けたい。好きな選手は巨人の松本。守備で飛び込み、いいプレーする。自分もああなりたい」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る