将来に生きるスピーチ技術を

 昨年11月、学校法人君津学園主催で清和大学にて開催された『第16回中学生英語スピーチコンテスト』。県内から応募のあった29名の中から、原稿及び録音音声による第1次審査を通過した8名(男子3、女子5)が本選会に参加した。
 市原市や袖ケ浦市、鴨川市など幅広い地域から選ばれた中学生たちは、会場に足を踏み入れると緊張の面持ち。『将来の夢』や『人生は数学だ』、『いじめについて』など様々なテーマで語られる3分間。滑らかな発音と両手を使った手振りからは、相手に気持ちを伝えようとするはっきりとした意志が強く感じられた。
 その中、最優秀賞に輝いたのは館山市立房南中学校の島田結羽さん(中3)の『海のゆりかご』。小学生の頃、家族旅行で訪れたパラオの海でクラゲと泳いだ幻想的な思い出を持っている島田さん。クラゲが減少していることを知り、何が出来るのか考え、地元館山の海を守るために、現在アマモ保護の活動をしているという。「相手に気持ちを伝える難しさを学びました。とても緊張しましたが、今日の経験を高校受験にも生かせたらいいなと思います」と話し、笑顔を見せた。実体験に基づいたスピーチはとても説得力があり、声の大きさや明るい声音も感情表現をさらに豊かなものにしていた。
 君津学園国際交流室の木嶋勇一さんも、「第16回の開催となり、今では初代に参加してくれた方が教師になり、自分の生徒さんと参加されることもあるほど歴史ができました。20回目を目指して頑張ります」と満足そうだった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る