勝間の土手に世界遺産 富士山出現!?

勝間の土手に世界遺産
富士山出現!?

 今年も市原市勝間に住む茂手木洋さん(74)の自宅横、傾斜45度はある土手に見事な『草刈りアート』が出現した。地元住民の目を楽しませている今年のアートは、世界遺産登録された富士山と美保の松原、そして市制50周年を記念して50の文字。「勝間の世界遺産です」と目を細める茂手木さん。
「ただ草刈りをするだけじゃつまらない」と草刈りアートを楽しむようになったのは5、6年前という。東日本大震災の年にはガンバレ日本の文字と鶴、亀を。昨年はパンダの出産を祈願してパンダを描いた。数年前には草刈り中に転倒し、頭を数針縫う大ケガをしたこともあったが、「書家の人がいい紙や筆を見ると何かを書きたくなるように、何かやりたくなっちゃうんだよね。ただ草刈りしているだけだと飽きちゃうでしょ」とお元気だ。
 6月末ごろから約2週間。午前中2時間ほど作業すると汗ビッショリ。紙に下絵を描き、後はカンで刈っていくそう。「消しゴムで消すのとは違うから、ちょっとでも刈りすぎると失敗。何を描くかは完成するまで誰にも教えないよ。今年の富士山はもう少し裾野を広げればよかったかな」とはいうものの、見事な富士が勝間に出現した。
 8月下旬にもう一度伸びたところをカットすれば、秋の終わりごろまで楽しめるという。「来年は、体が動いたら波の伊八の波に挑戦しようかなと思っているんだけど」と話す茂手木さん。これからもまだまだ草刈りアートは楽しめそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る