勝間の土手に世界遺産 富士山出現!?

勝間の土手に世界遺産
富士山出現!?

 今年も市原市勝間に住む茂手木洋さん(74)の自宅横、傾斜45度はある土手に見事な『草刈りアート』が出現した。地元住民の目を楽しませている今年のアートは、世界遺産登録された富士山と美保の松原、そして市制50周年を記念して50の文字。「勝間の世界遺産です」と目を細める茂手木さん。
「ただ草刈りをするだけじゃつまらない」と草刈りアートを楽しむようになったのは5、6年前という。東日本大震災の年にはガンバレ日本の文字と鶴、亀を。昨年はパンダの出産を祈願してパンダを描いた。数年前には草刈り中に転倒し、頭を数針縫う大ケガをしたこともあったが、「書家の人がいい紙や筆を見ると何かを書きたくなるように、何かやりたくなっちゃうんだよね。ただ草刈りしているだけだと飽きちゃうでしょ」とお元気だ。
 6月末ごろから約2週間。午前中2時間ほど作業すると汗ビッショリ。紙に下絵を描き、後はカンで刈っていくそう。「消しゴムで消すのとは違うから、ちょっとでも刈りすぎると失敗。何を描くかは完成するまで誰にも教えないよ。今年の富士山はもう少し裾野を広げればよかったかな」とはいうものの、見事な富士が勝間に出現した。
 8月下旬にもう一度伸びたところをカットすれば、秋の終わりごろまで楽しめるという。「来年は、体が動いたら波の伊八の波に挑戦しようかなと思っているんだけど」と話す茂手木さん。これからもまだまだ草刈りアートは楽しめそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る