体協通信 グラウンド・ゴルフで「健康づくり」

体協通信 vol.48
グラウンド・ゴルフで「健康づくり」
市原市グラウンド・ゴルフ協会

 グラウンド・ゴルフは「いつでも」「どこでも」「だれでも」できるスポーツ。昭和57年、鳥取県の現・湯梨浜町で文部省の生涯スポーツ推進事業として誕生しました。ルールが簡単で子どもから高齢者まで気軽に参加でき、広く全国に普及して、昭和58年に日本グラウンド・ゴルフ協会が、また、昭和63年には千葉県協会が設立され、全国で約150万人の愛好者が楽しんでいます。
 市原市グラウンド・ゴルフ協会は平成11年3月に市民の「健康づくり」「仲間づくり」を目指して、加盟10団体、会員数135名で設立しました。同時に千葉県協会に加盟し、県大会や研修会参加、また、日本協会の「普及指導員」の資格を取得するなど、当協会の組織や大会運営の充実に努めてきました。
 当初は「市民グラウンド・ゴルフ大会」を実施し、平成15年に「市長・教育長杯大会」を新設。平成20年は協会創立10周年で、記念大会を文化の森にて300名を超える参加者で開催しました。この10周年を機に加盟団体も28団体、会員数も500名を超え、翌21年には「朝比奈杯市原大会」と「市体協主催大会」が新たな事業として開催されるようになりました。平成22年には「ゆめ半島・千葉国体」のデモ・スポ行事として、グラウンド・ゴルフ競技が市原臨海球場(現ゼットエーボールパーク)で盛大に開催。平成24年には現(公財)市原市体育協会への加盟によって「市民体育大会」が加えられ、現在、年5回の大会が毎回300名ほどの参加を得て、展開されています。
 グラウンド・ゴルフが多くの人々に親しまれ、健康づくりに有効と言われる理由は、楽しく面白いスポーツであることと、ボールを打つ時の強さや方向など、高度な集中力が養われることにあるでしょう。更に、地域ごとに近くの公園や広場で、毎週定期的に継続して練習している活動が、健康づくりに大いに役だっているものと考えます。今後も市民の健康づくりのために、各地域でグラウンド・ゴルフが活発に行われるよう、当協会は応援していきたい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る