体協通信 グラウンド・ゴルフで「健康づくり」

体協通信 vol.48
グラウンド・ゴルフで「健康づくり」
市原市グラウンド・ゴルフ協会

 グラウンド・ゴルフは「いつでも」「どこでも」「だれでも」できるスポーツ。昭和57年、鳥取県の現・湯梨浜町で文部省の生涯スポーツ推進事業として誕生しました。ルールが簡単で子どもから高齢者まで気軽に参加でき、広く全国に普及して、昭和58年に日本グラウンド・ゴルフ協会が、また、昭和63年には千葉県協会が設立され、全国で約150万人の愛好者が楽しんでいます。
 市原市グラウンド・ゴルフ協会は平成11年3月に市民の「健康づくり」「仲間づくり」を目指して、加盟10団体、会員数135名で設立しました。同時に千葉県協会に加盟し、県大会や研修会参加、また、日本協会の「普及指導員」の資格を取得するなど、当協会の組織や大会運営の充実に努めてきました。
 当初は「市民グラウンド・ゴルフ大会」を実施し、平成15年に「市長・教育長杯大会」を新設。平成20年は協会創立10周年で、記念大会を文化の森にて300名を超える参加者で開催しました。この10周年を機に加盟団体も28団体、会員数も500名を超え、翌21年には「朝比奈杯市原大会」と「市体協主催大会」が新たな事業として開催されるようになりました。平成22年には「ゆめ半島・千葉国体」のデモ・スポ行事として、グラウンド・ゴルフ競技が市原臨海球場(現ゼットエーボールパーク)で盛大に開催。平成24年には現(公財)市原市体育協会への加盟によって「市民体育大会」が加えられ、現在、年5回の大会が毎回300名ほどの参加を得て、展開されています。
 グラウンド・ゴルフが多くの人々に親しまれ、健康づくりに有効と言われる理由は、楽しく面白いスポーツであることと、ボールを打つ時の強さや方向など、高度な集中力が養われることにあるでしょう。更に、地域ごとに近くの公園や広場で、毎週定期的に継続して練習している活動が、健康づくりに大いに役だっているものと考えます。今後も市民の健康づくりのために、各地域でグラウンド・ゴルフが活発に行われるよう、当協会は応援していきたい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る