ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
漢方薬にも使われるセンニンソウ

 8月某日の炎天下、緑生い茂る里山に植物観察に行った。草刈りされている場所も多かったが、夏に花を咲かせる植物のいくつかに出会うことができた。その中から今回はセンニンソウについて書きたい。
 センニンソウはキンボウゲ科センニンソウ属のつる植物で日当たりの良い場所を好み、他の草や樹木にからみついたり地面を這うようにして体を支える。葉は、丸みがある5枚の子葉を持つ羽状複葉になり、節ごとに対生する。8月から9月にかけて2~3センチの小さな白い花を多数つける。十字につく花弁のような萼が特徴的であるが、実際は花弁を持たない植物である。キンボウゲ科の植物は花弁が目立たないものが多い。
 果実には白い羽毛状の毛があり、それを仙人のひげや白髪に見立てこの名が付けられたそうだ。かわいらしい見た目とやさしそうな名前だが、葉や茎には皮膚にかぶれを起こす毒がある。漢方薬として利尿や鎮痛に用いることもあるが、自生しているセンニンソウを見つけてもむやみに触らない方が良い。
 今回は稲刈りをまじかに控えた里山を訪れた。田んぼには動物の侵入を防ぐためか柵が張り巡らされていて、農家さんの苦労を垣間見ることができた。観察に行った日はとても暑かったが、強い日差しのなか緑が輝いていて、かわいらしい白い花を見ているとさわやかな気分になった。
 普段エアコンの効いた室内で過ごすことが多い私だが、たまには自然あふれる里山で汗をかくことも悪くないと思った。これからも自然観察を続けていきたい。

ナチュラリストネット/岡島 亜純

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る