ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
漢方薬にも使われるセンニンソウ

 8月某日の炎天下、緑生い茂る里山に植物観察に行った。草刈りされている場所も多かったが、夏に花を咲かせる植物のいくつかに出会うことができた。その中から今回はセンニンソウについて書きたい。
 センニンソウはキンボウゲ科センニンソウ属のつる植物で日当たりの良い場所を好み、他の草や樹木にからみついたり地面を這うようにして体を支える。葉は、丸みがある5枚の子葉を持つ羽状複葉になり、節ごとに対生する。8月から9月にかけて2~3センチの小さな白い花を多数つける。十字につく花弁のような萼が特徴的であるが、実際は花弁を持たない植物である。キンボウゲ科の植物は花弁が目立たないものが多い。
 果実には白い羽毛状の毛があり、それを仙人のひげや白髪に見立てこの名が付けられたそうだ。かわいらしい見た目とやさしそうな名前だが、葉や茎には皮膚にかぶれを起こす毒がある。漢方薬として利尿や鎮痛に用いることもあるが、自生しているセンニンソウを見つけてもむやみに触らない方が良い。
 今回は稲刈りをまじかに控えた里山を訪れた。田んぼには動物の侵入を防ぐためか柵が張り巡らされていて、農家さんの苦労を垣間見ることができた。観察に行った日はとても暑かったが、強い日差しのなか緑が輝いていて、かわいらしい白い花を見ているとさわやかな気分になった。
 普段エアコンの効いた室内で過ごすことが多い私だが、たまには自然あふれる里山で汗をかくことも悪くないと思った。これからも自然観察を続けていきたい。

ナチュラリストネット/岡島 亜純

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る