ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
漢方薬にも使われるセンニンソウ

 8月某日の炎天下、緑生い茂る里山に植物観察に行った。草刈りされている場所も多かったが、夏に花を咲かせる植物のいくつかに出会うことができた。その中から今回はセンニンソウについて書きたい。
 センニンソウはキンボウゲ科センニンソウ属のつる植物で日当たりの良い場所を好み、他の草や樹木にからみついたり地面を這うようにして体を支える。葉は、丸みがある5枚の子葉を持つ羽状複葉になり、節ごとに対生する。8月から9月にかけて2~3センチの小さな白い花を多数つける。十字につく花弁のような萼が特徴的であるが、実際は花弁を持たない植物である。キンボウゲ科の植物は花弁が目立たないものが多い。
 果実には白い羽毛状の毛があり、それを仙人のひげや白髪に見立てこの名が付けられたそうだ。かわいらしい見た目とやさしそうな名前だが、葉や茎には皮膚にかぶれを起こす毒がある。漢方薬として利尿や鎮痛に用いることもあるが、自生しているセンニンソウを見つけてもむやみに触らない方が良い。
 今回は稲刈りをまじかに控えた里山を訪れた。田んぼには動物の侵入を防ぐためか柵が張り巡らされていて、農家さんの苦労を垣間見ることができた。観察に行った日はとても暑かったが、強い日差しのなか緑が輝いていて、かわいらしい白い花を見ているとさわやかな気分になった。
 普段エアコンの効いた室内で過ごすことが多い私だが、たまには自然あふれる里山で汗をかくことも悪くないと思った。これからも自然観察を続けていきたい。

ナチュラリストネット/岡島 亜純

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る