夢あふれるカラフル古紙リサイクルアート

夢あふれるカラフル古紙リサイクルアート

 市内在住、古市登さん(78)の自宅の壁には、色とりどりの、ウキウキ楽しくなるような絵がたくさん飾られている。童話や昔話の中から抜け出してきたような風景、和の趣きのあるものから、亡き愛犬パピちゃんがモデルの作品までテーマは様々だが、古市さんが意識しているのは花と季節。昔から花が好きだという古市さん。富士山と桜、夜のスカイツリーと向日葵など、作品には常に花がとりこまれている。
「ハサミと糊があれば、誰でもすぐ始められますよ」そう、新聞や折り込み広告、雑誌などを好きなようにチョキチョキ切って糊ではるだけ。とはいえ、絶妙な紙の選び方と組み合わせ、立体的に見せる工夫など古市さんならではのセンスが光る。「今は印刷技術が高いから、きれいな紙がいっぱいある。いい具合にボカシの入ったものとかね。イメージした絵にどれをどのように使うかがポイント」と話す。
 6月末に五井公民館で『花・・そしてHANAに魅せられて』をメインテーマに初創作展を行った。9月にも、第二弾としていちはら市民ネットワークアートギャラリー(国分寺中央ビル1階)において『花・・夏から秋へ』をテーマに30点ほどの作品を展示する予定。「お金をかけずにゴミも減らせる。壁に飾れば部屋の雰囲気がよくなります。『壁活』、おすすめですよ」と古市さん。

問合せ 古市さん 
TEL 0436・21・9173

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る