身近な古墳の実態を探る

身近な古墳の実態を探る

 4世紀後葉から7世紀の日本は百済・加羅と軍事同盟を結び、何度も百済の援軍として新羅・高句麗と戦ってきた。その結果、鉄、馬、須恵器など様々な物品や技術が伝来。朝鮮半島とつき合い続けてきた大王たちの古墳と市原市内の古墳を対比させ、王稜の実態を考えようという講座『王賜銘鉄剣と姉崎古墳群』が10月12日、埋蔵文化財調査センターで行われた。
 講師は同センター主査の木對和紀さん。古墳から出土した遺物などから年代、出来事、古墳の主を推定していく。現韓国にある百済武寧王の木棺には日本産コウヤマキが材料として使われており、奈良県の藤ノ木古墳からは武寧王の冠とよく似た冠が出土。百済との関係が親密であったことが窺える。王賜銘鉄剣が発見された市内稲荷台1号墳は副葬の武具が目立つことから被葬者は武人として王に献身したと考えられる。
 また、市内最大の姉崎天神山古墳は全長130メートルもあるということや姉崎二子塚古墳からは朝鮮半島から伝来した銀製垂飾耳環などの格式高い装飾品が、さらに上総山王山古墳でも武寧王の太刀と酷似の金銀装単龍式環頭太刀が出土しており、身分の高い人物が埋葬されたことが推測される。古墳時代終末期の天皇系大王の古墳が八角墳なのに対し蘇我氏系大王の古墳は方墳が主流だったという。その中で市内六孫王原古墳は全国的にも稀な前方後方墳。反蘇我系の国造墳墓という考え方もできるとか。 
「市原市内、周辺には数多くの古墳があり、権威を示す高貴な遺物品が出土していることを是非知っていてもらいたい」と木對さん。「身近にある古墳と他県の古墳との関連がわかった。面白くて目が輝きました」と参加者。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る