身近な古墳の実態を探る

身近な古墳の実態を探る

 4世紀後葉から7世紀の日本は百済・加羅と軍事同盟を結び、何度も百済の援軍として新羅・高句麗と戦ってきた。その結果、鉄、馬、須恵器など様々な物品や技術が伝来。朝鮮半島とつき合い続けてきた大王たちの古墳と市原市内の古墳を対比させ、王稜の実態を考えようという講座『王賜銘鉄剣と姉崎古墳群』が10月12日、埋蔵文化財調査センターで行われた。
 講師は同センター主査の木對和紀さん。古墳から出土した遺物などから年代、出来事、古墳の主を推定していく。現韓国にある百済武寧王の木棺には日本産コウヤマキが材料として使われており、奈良県の藤ノ木古墳からは武寧王の冠とよく似た冠が出土。百済との関係が親密であったことが窺える。王賜銘鉄剣が発見された市内稲荷台1号墳は副葬の武具が目立つことから被葬者は武人として王に献身したと考えられる。
 また、市内最大の姉崎天神山古墳は全長130メートルもあるということや姉崎二子塚古墳からは朝鮮半島から伝来した銀製垂飾耳環などの格式高い装飾品が、さらに上総山王山古墳でも武寧王の太刀と酷似の金銀装単龍式環頭太刀が出土しており、身分の高い人物が埋葬されたことが推測される。古墳時代終末期の天皇系大王の古墳が八角墳なのに対し蘇我氏系大王の古墳は方墳が主流だったという。その中で市内六孫王原古墳は全国的にも稀な前方後方墳。反蘇我系の国造墳墓という考え方もできるとか。 
「市原市内、周辺には数多くの古墳があり、権威を示す高貴な遺物品が出土していることを是非知っていてもらいたい」と木對さん。「身近にある古墳と他県の古墳との関連がわかった。面白くて目が輝きました」と参加者。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る