これって、写真じゃないの!?

これって写真じゃないの

 11月14日から17日まで五井東にあるギャラリー風の舎で『小板橋光子油彩画展』が開催される。小板橋さんは市原市在住の67歳、五井小学校在学時から当時の教師の薦めで展覧会にも出品していた。
「絵を描くということが好きだった。中でも、特に花の絵が好き。季節によって異なる花を一気に描き、時間が経ってから手を入れる。絵を描くという行為に終わりはなく、追求する心が今の私の癒しであって生き甲斐なのです」と小板橋さん。今回は2010年度以来3年ぶり2度目の個展で、出品作は花、人物、風景など約30点。
 想像で描いたという緑の森に流れる川の風景は、荘厳でかつ力強い。そして写真のようなリアルさが浮かび上がる。かと思えば、オシャレなカウチに寝そべるネコはとてもロマンチックな一品だ。「描きたい物を自由に描く。一時は描く気にならなかったこともあるが人生の苦楽を含め、意識はしていないがその波が反映されているのかもしれない」と小板橋さんは続ける。
 故、新妻元春さんに約20年師事し、1980年市原市展にて市長賞受賞を皮切りに、示現展にて数度の入選を得ている。「描き方を迷うこともあるし、色んな他者の作品に触れて勉強をすることも大事だと思う。でも、加えて自分らしさの色を出すことが一番大切かな」と作品を手に微笑む小板橋さん。鮮やかなキャンパスを吸い込まれるように見つめると、まるで森に立っているような感覚に襲われる。地元市原の小道も描く小板橋さんのギャラリーで芸術のひとときを楽しんでみてはいかが。

問合せ 小板橋さん
TEL 0436・41・5904

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る