これって、写真じゃないの!?

これって写真じゃないの

 11月14日から17日まで五井東にあるギャラリー風の舎で『小板橋光子油彩画展』が開催される。小板橋さんは市原市在住の67歳、五井小学校在学時から当時の教師の薦めで展覧会にも出品していた。
「絵を描くということが好きだった。中でも、特に花の絵が好き。季節によって異なる花を一気に描き、時間が経ってから手を入れる。絵を描くという行為に終わりはなく、追求する心が今の私の癒しであって生き甲斐なのです」と小板橋さん。今回は2010年度以来3年ぶり2度目の個展で、出品作は花、人物、風景など約30点。
 想像で描いたという緑の森に流れる川の風景は、荘厳でかつ力強い。そして写真のようなリアルさが浮かび上がる。かと思えば、オシャレなカウチに寝そべるネコはとてもロマンチックな一品だ。「描きたい物を自由に描く。一時は描く気にならなかったこともあるが人生の苦楽を含め、意識はしていないがその波が反映されているのかもしれない」と小板橋さんは続ける。
 故、新妻元春さんに約20年師事し、1980年市原市展にて市長賞受賞を皮切りに、示現展にて数度の入選を得ている。「描き方を迷うこともあるし、色んな他者の作品に触れて勉強をすることも大事だと思う。でも、加えて自分らしさの色を出すことが一番大切かな」と作品を手に微笑む小板橋さん。鮮やかなキャンパスを吸い込まれるように見つめると、まるで森に立っているような感覚に襲われる。地元市原の小道も描く小板橋さんのギャラリーで芸術のひとときを楽しんでみてはいかが。

問合せ 小板橋さん
TEL 0436・41・5904

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る