これって、写真じゃないの!?

これって写真じゃないの

 11月14日から17日まで五井東にあるギャラリー風の舎で『小板橋光子油彩画展』が開催される。小板橋さんは市原市在住の67歳、五井小学校在学時から当時の教師の薦めで展覧会にも出品していた。
「絵を描くということが好きだった。中でも、特に花の絵が好き。季節によって異なる花を一気に描き、時間が経ってから手を入れる。絵を描くという行為に終わりはなく、追求する心が今の私の癒しであって生き甲斐なのです」と小板橋さん。今回は2010年度以来3年ぶり2度目の個展で、出品作は花、人物、風景など約30点。
 想像で描いたという緑の森に流れる川の風景は、荘厳でかつ力強い。そして写真のようなリアルさが浮かび上がる。かと思えば、オシャレなカウチに寝そべるネコはとてもロマンチックな一品だ。「描きたい物を自由に描く。一時は描く気にならなかったこともあるが人生の苦楽を含め、意識はしていないがその波が反映されているのかもしれない」と小板橋さんは続ける。
 故、新妻元春さんに約20年師事し、1980年市原市展にて市長賞受賞を皮切りに、示現展にて数度の入選を得ている。「描き方を迷うこともあるし、色んな他者の作品に触れて勉強をすることも大事だと思う。でも、加えて自分らしさの色を出すことが一番大切かな」と作品を手に微笑む小板橋さん。鮮やかなキャンパスを吸い込まれるように見つめると、まるで森に立っているような感覚に襲われる。地元市原の小道も描く小板橋さんのギャラリーで芸術のひとときを楽しんでみてはいかが。

問合せ 小板橋さん
TEL 0436・41・5904

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る