古代から伝わる地名

古代から伝わる地名

 ちはら台コミュニティセンターで月1回『ちはら台学歴史講座』が開かれている。10月12日の特別講座は『房総の国造(くにのみやつこ)―上海上(かみつうなかみ)と菊間(くくま)国造を中心にして』。前早稲田大学講師佐々木虔一さん(佐倉市在住)が80人の聴衆を前に東アジア、日本、地域の史料を読み解き古代の国府があった市原の歴史を講義した。
 紀元前1世紀の日本にはすでに100余りの国があったと中国の史料に残る。『国造』とは6世紀から7世紀ごろに大和政権から統治権を認められた各地域の首長のこと。上総には養老川流域の上海上(かみつうなかみ)、村田川流域の菊麻(ククマ)など6つの勢力があった。佐々木さんは「ククマの『クク』は閉じられた場所や海沿いに生えるカヤツリ草の一種という意味もあった。狭いが海産物や作物の豊かな地で、麻も採れたのかもしれない」と推理。
 房総の古墳と国造の分布図を示し「時代が一致しない遺跡もある。両者の関係を研究したらおもしろいのでは」と聴衆を考古学の世界に誘う。奈良時代に菊麻は市原郡となる。律令制になっても国造名を引き継ぐ郡が多いのになぜ市原になったのかは謎。10世紀に編纂された史料には市原郡には濕津(うるひつ)(潤井戸)、菊麻(菊間)、海上郡には山田、鳴穴などの郷名が残る。「鳴穴とは嶋穴(しまあな)だろう」とのこと。
 参加した地元出身の女性は「慣れ親しんだ地名に古い由来があると知った」と興味を持った様子。房総古代学研究会の男性は「地名は歴史の痕跡。後世に残してほしい」と思いを語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る