古代から伝わる地名

古代から伝わる地名

 ちはら台コミュニティセンターで月1回『ちはら台学歴史講座』が開かれている。10月12日の特別講座は『房総の国造(くにのみやつこ)―上海上(かみつうなかみ)と菊間(くくま)国造を中心にして』。前早稲田大学講師佐々木虔一さん(佐倉市在住)が80人の聴衆を前に東アジア、日本、地域の史料を読み解き古代の国府があった市原の歴史を講義した。
 紀元前1世紀の日本にはすでに100余りの国があったと中国の史料に残る。『国造』とは6世紀から7世紀ごろに大和政権から統治権を認められた各地域の首長のこと。上総には養老川流域の上海上(かみつうなかみ)、村田川流域の菊麻(ククマ)など6つの勢力があった。佐々木さんは「ククマの『クク』は閉じられた場所や海沿いに生えるカヤツリ草の一種という意味もあった。狭いが海産物や作物の豊かな地で、麻も採れたのかもしれない」と推理。
 房総の古墳と国造の分布図を示し「時代が一致しない遺跡もある。両者の関係を研究したらおもしろいのでは」と聴衆を考古学の世界に誘う。奈良時代に菊麻は市原郡となる。律令制になっても国造名を引き継ぐ郡が多いのになぜ市原になったのかは謎。10世紀に編纂された史料には市原郡には濕津(うるひつ)(潤井戸)、菊麻(菊間)、海上郡には山田、鳴穴などの郷名が残る。「鳴穴とは嶋穴(しまあな)だろう」とのこと。
 参加した地元出身の女性は「慣れ親しんだ地名に古い由来があると知った」と興味を持った様子。房総古代学研究会の男性は「地名は歴史の痕跡。後世に残してほしい」と思いを語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る