古代から伝わる地名

古代から伝わる地名

 ちはら台コミュニティセンターで月1回『ちはら台学歴史講座』が開かれている。10月12日の特別講座は『房総の国造(くにのみやつこ)―上海上(かみつうなかみ)と菊間(くくま)国造を中心にして』。前早稲田大学講師佐々木虔一さん(佐倉市在住)が80人の聴衆を前に東アジア、日本、地域の史料を読み解き古代の国府があった市原の歴史を講義した。
 紀元前1世紀の日本にはすでに100余りの国があったと中国の史料に残る。『国造』とは6世紀から7世紀ごろに大和政権から統治権を認められた各地域の首長のこと。上総には養老川流域の上海上(かみつうなかみ)、村田川流域の菊麻(ククマ)など6つの勢力があった。佐々木さんは「ククマの『クク』は閉じられた場所や海沿いに生えるカヤツリ草の一種という意味もあった。狭いが海産物や作物の豊かな地で、麻も採れたのかもしれない」と推理。
 房総の古墳と国造の分布図を示し「時代が一致しない遺跡もある。両者の関係を研究したらおもしろいのでは」と聴衆を考古学の世界に誘う。奈良時代に菊麻は市原郡となる。律令制になっても国造名を引き継ぐ郡が多いのになぜ市原になったのかは謎。10世紀に編纂された史料には市原郡には濕津(うるひつ)(潤井戸)、菊麻(菊間)、海上郡には山田、鳴穴などの郷名が残る。「鳴穴とは嶋穴(しまあな)だろう」とのこと。
 参加した地元出身の女性は「慣れ親しんだ地名に古い由来があると知った」と興味を持った様子。房総古代学研究会の男性は「地名は歴史の痕跡。後世に残してほしい」と思いを語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る