おしゃべり介護喫茶で心の洗濯を

おしゃべり介護喫茶で心の洗濯を

 毎月第4水曜日午後1時半から3時半まで、国分寺台にあるいちはら市民ネットワークでは『おしゃべり介護喫茶』が開かれている。店主である喜多庸子さん(63)は介護歴15年。「家庭介護をしている人はとても孤立している。自分の親だから仕方がないと思いがちで、ショートステイで数日施設に預けること、少し遊びに行くだけで罪悪感を抱くこともある。私自身、介護に疲れていた時にデイサービスの方に掛けられた言葉で救われたことも。悩みや愚痴を話してほっと安らげる空間を作っていきたい」と喜多さん。
 昨今『老・老介護』という言葉が浸透して久しいが、家庭介護は個人的なものから社会的問題へと変化している。「男性が奥さんを介護しているケースは多い。しかし、家事など不慣れなことに戸惑っても近所との繋がりが希薄だと気持ちをため込みがち。ここで話すことで、性別を越えてお互い理解できたら」と話すのは、いちはら市民ネットワークの山崎佳子さん(50)。喫茶には専門のケアマネージャー等も参加するので介護のコツや知識も得られるという。喜多さんは「介護は、している人間でないと分からないこともある。私は長年の介護の経験を通してこれからの人を助けたい。話すだけでもすっきりするのでぜひいらしてください」と続けた。あなたは、ひとりで頑張りすぎていませんか。

問合せ いちはら市民ネットワーク
TEL 0436・21・1907

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る