おしゃべり介護喫茶で心の洗濯を

おしゃべり介護喫茶で心の洗濯を

 毎月第4水曜日午後1時半から3時半まで、国分寺台にあるいちはら市民ネットワークでは『おしゃべり介護喫茶』が開かれている。店主である喜多庸子さん(63)は介護歴15年。「家庭介護をしている人はとても孤立している。自分の親だから仕方がないと思いがちで、ショートステイで数日施設に預けること、少し遊びに行くだけで罪悪感を抱くこともある。私自身、介護に疲れていた時にデイサービスの方に掛けられた言葉で救われたことも。悩みや愚痴を話してほっと安らげる空間を作っていきたい」と喜多さん。
 昨今『老・老介護』という言葉が浸透して久しいが、家庭介護は個人的なものから社会的問題へと変化している。「男性が奥さんを介護しているケースは多い。しかし、家事など不慣れなことに戸惑っても近所との繋がりが希薄だと気持ちをため込みがち。ここで話すことで、性別を越えてお互い理解できたら」と話すのは、いちはら市民ネットワークの山崎佳子さん(50)。喫茶には専門のケアマネージャー等も参加するので介護のコツや知識も得られるという。喜多さんは「介護は、している人間でないと分からないこともある。私は長年の介護の経験を通してこれからの人を助けたい。話すだけでもすっきりするのでぜひいらしてください」と続けた。あなたは、ひとりで頑張りすぎていませんか。

問合せ いちはら市民ネットワーク
TEL 0436・21・1907

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る