おしゃべり介護喫茶で心の洗濯を

おしゃべり介護喫茶で心の洗濯を

 毎月第4水曜日午後1時半から3時半まで、国分寺台にあるいちはら市民ネットワークでは『おしゃべり介護喫茶』が開かれている。店主である喜多庸子さん(63)は介護歴15年。「家庭介護をしている人はとても孤立している。自分の親だから仕方がないと思いがちで、ショートステイで数日施設に預けること、少し遊びに行くだけで罪悪感を抱くこともある。私自身、介護に疲れていた時にデイサービスの方に掛けられた言葉で救われたことも。悩みや愚痴を話してほっと安らげる空間を作っていきたい」と喜多さん。
 昨今『老・老介護』という言葉が浸透して久しいが、家庭介護は個人的なものから社会的問題へと変化している。「男性が奥さんを介護しているケースは多い。しかし、家事など不慣れなことに戸惑っても近所との繋がりが希薄だと気持ちをため込みがち。ここで話すことで、性別を越えてお互い理解できたら」と話すのは、いちはら市民ネットワークの山崎佳子さん(50)。喫茶には専門のケアマネージャー等も参加するので介護のコツや知識も得られるという。喜多さんは「介護は、している人間でないと分からないこともある。私は長年の介護の経験を通してこれからの人を助けたい。話すだけでもすっきりするのでぜひいらしてください」と続けた。あなたは、ひとりで頑張りすぎていませんか。

問合せ いちはら市民ネットワーク
TEL 0436・21・1907

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る