海にきらめく想いを作品に託して

 御宿海岸に建つ月の沙漠記念館で、千葉県に住む14人の作家が作品を展示する『それぞれの手から』が、開催されている。作品は、油彩、日本画、銅版画、刺繍、和紙絵、アクリル画、写真、書、コラージュ、織、染色、はり絵と全部で48点。海や水をテーマにしたものが多く、今回の作品展のために新しく制作されたものもある。
「御宿に想いを寄せる人々が生み出した作品です。その想いをここに来て感じていただきたいと思います」と、作品展の代表を務める崎長史さん。崎長さんは30年以上前から御宿の海を毎年のように訪れており、今回の作品のはり絵は、海岸にあるらくだ像や御宿の海をモチーフにしている。
 らくだ像は大正時代に活躍した画家の加藤まさをの童謡『月の沙漠』の歌詞に出てくるもので、加藤まさをが、「月の沙漠の幻想の地は御宿」と語ったことから、昭和44年、御宿海岸に設置された。らくだ像を制作したのが、彫刻家の竹田京一で、加藤まさをと同郷だったことから。今回の作品展で、竹田京一と親交のあった作家は、「酔っぱらい」と書かれたコラージュを出展。これは竹田京一との親交の深さ故のことで、酒好きだった竹田京一は、らくだ像の除幕式後、事故で亡くなっている。
「月の沙漠記念館には加藤まさをの作品や遺品を展示したコーナーもありますので、この機会にぜひ多くの方に見ていただきたいと思います」と館長の藤原さん。展示会は7月21日までの開催。詳細は月の沙漠記念館まで。入館料大人400円。水曜定休。

問合せ 月の沙漠記念館(御宿町六軒町505の1)
TEL 0470・68・6389

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る