海にきらめく想いを作品に託して

 御宿海岸に建つ月の沙漠記念館で、千葉県に住む14人の作家が作品を展示する『それぞれの手から』が、開催されている。作品は、油彩、日本画、銅版画、刺繍、和紙絵、アクリル画、写真、書、コラージュ、織、染色、はり絵と全部で48点。海や水をテーマにしたものが多く、今回の作品展のために新しく制作されたものもある。
「御宿に想いを寄せる人々が生み出した作品です。その想いをここに来て感じていただきたいと思います」と、作品展の代表を務める崎長史さん。崎長さんは30年以上前から御宿の海を毎年のように訪れており、今回の作品のはり絵は、海岸にあるらくだ像や御宿の海をモチーフにしている。
 らくだ像は大正時代に活躍した画家の加藤まさをの童謡『月の沙漠』の歌詞に出てくるもので、加藤まさをが、「月の沙漠の幻想の地は御宿」と語ったことから、昭和44年、御宿海岸に設置された。らくだ像を制作したのが、彫刻家の竹田京一で、加藤まさをと同郷だったことから。今回の作品展で、竹田京一と親交のあった作家は、「酔っぱらい」と書かれたコラージュを出展。これは竹田京一との親交の深さ故のことで、酒好きだった竹田京一は、らくだ像の除幕式後、事故で亡くなっている。
「月の沙漠記念館には加藤まさをの作品や遺品を展示したコーナーもありますので、この機会にぜひ多くの方に見ていただきたいと思います」と館長の藤原さん。展示会は7月21日までの開催。詳細は月の沙漠記念館まで。入館料大人400円。水曜定休。

問合せ 月の沙漠記念館(御宿町六軒町505の1)
TEL 0470・68・6389

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る