タオル1枚で出来る可愛い帽子のメリット

タオル1枚で出来る可愛い帽子のメリット

 市原市青葉台在住の西島一恵さんは、千葉県骨髄バンク推進連絡会でボランティアとして活動しながら、『タオル1枚で出来る帽子作り』の講習に勤しんでいる。「私の娘は3歳で白血病を発症し、11年間も闘病した後亡くなった。副作用による脱毛に苦しむ娘を見ていて私も辛い思いをした。苦しんでいる誰かの助けになりたいというのがきっかけだった」と話す西島さんは、千葉県内の病院に自身が作成した帽子を寄贈している。
 迷彩や星、花の柄は見ていて心が弾むほど可愛らしい物だ。型紙を使ってミシンだとあっという間、講習でも手縫いで2、3時間の内にできる『タオルの帽子』は、メリットも多い。「抗ガン剤の副作用は頭に汗をかく。タオルなので毎日洗っても傷みにくいし、柄を変えればとても可愛いものになる。老人ホームでお年寄りに、またプールの後の濡れた髪にも使えるし、東日本大震災時にはシャンプーできない中で重宝された」という。
 現在は脱毛に悩む患者のために先進的ウィッグも開発されているが、蒸れや鬱陶しさを感じる場合は多い。「病室で、そして家などリラックスして使用できれば。手作りという温かさがあるので、家族へのプレゼントにもなる」と西島さん。要望があれば講習会なども受け付けている。

問合せ 西島さん
TEL 0436・61・3688

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る