春に向けての土作り

 昨年12月、ちはら台コミュニティセンター主催『ちはらファーミングクラブ』で冬の土作りをテーマに講義が行われた。粒子同士のすき間が適度にある土は通気性、保水性や保肥力が高い。そんな理想的な土を作るための作業について、講師の島田正雄さんが手ほどきを行った。
 まずは最低でも20センチくらいの深さまで荒く耕すこと。大根などは根が張るので30センチほど必要となる。そして遅効性の植物性有機肥料を施す。12月か1月なら残菜を刻んだものをゆっくりと発酵させるのもよい。キャベツやブロッコリーなどは防虫効果も期待できるという。
 一方、春以降は細かく耕す。即効性の無機肥料を使ってもよい。分解型の微生物が活動を始めるこの時期、未熟な生の肥料はガスが出るので不向き。また、連作障害が起こるのは土の中の栄養が不足し、同種の虫や病原菌が蓄積するから。同じナス科のジャガイモ、トマト、ピーマン、ナスなどは続けて植え付けをしない方がよい。
 土のPH値(水素イオン濃度)を調べた上で適した作物を選んだり、土壌を改良することも必要。雨の多い日本では土が酸性に傾きやすいので石灰を投入するなどしてPH値の調節を。「農作物を育てる前に、その作物に適した土を作ってあげることが大切」と島田さん。春に向けての土作り、準備は万全?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る