春に向けての土作り

 昨年12月、ちはら台コミュニティセンター主催『ちはらファーミングクラブ』で冬の土作りをテーマに講義が行われた。粒子同士のすき間が適度にある土は通気性、保水性や保肥力が高い。そんな理想的な土を作るための作業について、講師の島田正雄さんが手ほどきを行った。
 まずは最低でも20センチくらいの深さまで荒く耕すこと。大根などは根が張るので30センチほど必要となる。そして遅効性の植物性有機肥料を施す。12月か1月なら残菜を刻んだものをゆっくりと発酵させるのもよい。キャベツやブロッコリーなどは防虫効果も期待できるという。
 一方、春以降は細かく耕す。即効性の無機肥料を使ってもよい。分解型の微生物が活動を始めるこの時期、未熟な生の肥料はガスが出るので不向き。また、連作障害が起こるのは土の中の栄養が不足し、同種の虫や病原菌が蓄積するから。同じナス科のジャガイモ、トマト、ピーマン、ナスなどは続けて植え付けをしない方がよい。
 土のPH値(水素イオン濃度)を調べた上で適した作物を選んだり、土壌を改良することも必要。雨の多い日本では土が酸性に傾きやすいので石灰を投入するなどしてPH値の調節を。「農作物を育てる前に、その作物に適した土を作ってあげることが大切」と島田さん。春に向けての土作り、準備は万全?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る