万葉集に詠まれた市原のうた

 日本に現存する最古の和歌集が『万葉集』だと知っている人は多いだろう。では、万葉集の中で千葉についてどれほど詠まれているか知っているだろうか。
 昨年12月、市津公民館主催で開かれた『万葉集の旅、千葉市原のうた』講座では、タウン紙で千葉に関わる万葉集コラムを執筆している伊藤大仁さんが万葉集の基礎用語を交えながら解説した。「万葉集は仁徳天皇から淳仁天皇まで400年間の歌約4500首を全20巻に収めた最古の歌集。天皇から庶民まで幅広く採録されている。編纂者は奈良期の歌人大伴旅人の子どもの家持でしょう」と伊藤さん。この日集まった26名の受講者は静かに耳を傾ける。
 千葉県に関連する万葉歌は46首。このうち市原市に関する歌は9首もあって最多。当時市原が房総の中心だったことがうかがえる。講座では万葉集から読み解く菊間や郡本などの歴史も紹介しながら歌の心情を辿った。出立が迫る防人が無事を祈って詠んだ歌や、防人を見送る妻が人目を忍んで涙を流す歌など一見難しそうだが、読み解けば果てしないロマンが広がる。
 伊藤さんは、「市原市は風の神を祀る神社が多い。それは現在まで続く海上国造末裔の海上氏の出自に関係するのでは」と伊勢風土記の記述を紹介。そして、「万葉集の舞台を歩くと地元の人でも知らない場所であったり、万葉歌碑が建っていたりとさまざまな発見に出会えると思います。ぜひみなさんも歩いてみてください」と続けた。   

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る