不二の青い春

文と絵 山口 高弘

 養老川に架かる橋を歩いていました。ひこうき雲が西にのびて、工場の煙突並ぶ地平線に夕陽が沈んでいくところでした。遠くに富士山が見えます。富士山…。僕は立ち止ってふと思い出しました。
 同居の祖母が、唐突に昔を語り始めた、ある夜の話です。「…20歳の頃、箱根旅行に行ったの。会社関係の、男女8人で」初めて聞く話でした。「先輩が皆を連れてってくれて。世の中が平和になって、それから」
 60年以上前、大変な時代が終わった後のこと。悲しみの中にも、新時代への希望と、少しの開放感があった。思い切って皆で箱根に旅に出た。登山道、大涌谷、初めて間近で見る富士山。見えないねえ、言った矢先に目の前にそびえ立っていて、度肝を抜かれたあの時。洋風の旅館では初体験の洋式トイレに「どうしよう」、仲間と『使い方』を議論して大笑いしたとか。
 当時は移動手段が少なく、景勝地を歩いて巡ると、宿への帰路はへとへとでした。そんな祖母たちを尻目に、アメリカの若者がジープに乗って通り過ぎていく。彼らもまた、観光を楽しんだ帰りでした。歩き遅れた祖母はひらめきました。道へ出てジープに手を挙げ…「えっ、ヒッチハイク?」話を聞いていて僕は声をあげました。
「英語は分からないけれど乗せてもらったの。もう一人の友達と。紳士だったわ」宿へ歩く旅の仲間を『お疲れさまっ』と追い越して、無事に宿まで送ってもらったそうな…。「本当の話?それで…その旅行で、おじいちゃんと出会ったの?」僕が笑って尋ねると、「違うわよ。お休み」祖母は寝てしまいました。
 今、夕陽は沈み、富士山は影になりました。新春を迎えて凛々しさを増した『不二の山』は、二つとない青春たちと一緒に、遠くで小さく手を振るようです。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。小学校4年秋から1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月からイラストを掲載、06年から本連載を開始。「今年も、心に優しいイラストと、鮮度のある文章をお届けしていきます。よろしくお願いいたします」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  2. 「茂原七夕まつり」に合わせ、「第4回茂原七夕まつりスリッパ飛ばし選手権」が開催されます。  子どもの頃、「明日天気になーれ」と叫びながら…
  3.  女優オードリー・ヘプバーンについての後半。主な出演作と受賞歴などを時系列でお届けします。  「ローマの休日」1953年(昭和28年)、監…
  4. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  5. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  6. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  7.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  8.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る