紳士淑女が熱中 知的ゲーム

 推理小説作家アガサクリスティの作品にも登場するブリッジ。正式名をコントラクトブリッジといい国際競技大会も開催されるほど世界各国で愛好されている。4人で行い、対角線上に座った人がペアになり対戦するトランプゲームだ。
「札一枚で流れが変わる頭脳ゲーム。運よりも推理力や記憶力が決め手。習い始めはおもしろさで鳥肌が立った」と話したのは大多和淑子さん。シンガポール駐在中に覚えて以来虜になったという。ちはら台コミュニティセンターで毎月第4木曜日に開かれる『ちはら台ブリッジサークル』の代表を務める。
 対戦中は会話をしないのが原則。自分の持ち札の内容をパートナーに伝えるのはトランプマークのついた専用カードのみ。とはいえ、サークル内では賑やかに雑談をしながら。終了し、お互いのカードを開くと溜息や笑い声も出る。教えあうのも楽しいひととき。「社交性や協調性も必要。一人ではコントロールできない奥深さがある」と明るい口調で話したのはロンドン暮らしの経験がある女性。大使館関係者などとテーブルを囲んだこともあるそうだ。入会して半年という60代の男性は「セブンブリッジの会だと思って入ったけれど、今では東京まで習いに行く」と夢中だ。
 現在会員は15名。月一回の開会では物足りなさそうだが、それぞれ船橋や四谷などのブリッジセンターなどで腕を磨く。言葉が通じなくても世界中の人と対戦でき、よいコミュニケーションツールとなる。長い船旅にもおすすめだとか。

問合せ ちはら台コミュニティセンター 
TEL 0436・50・2312

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る