房総往来 冬に咲く南国花

山里 吾郎

 昨夏の異常気象の反比例か、今年の1月は厳寒に見舞われた。とりわけ太平洋上に発達する南岸低気圧が猛威を振るい、普段は雪を見ることが珍しい南房一帯で降雪が記録された。そんな1月の半ば、ある目的を持って館山市の南端を訪れた▼気になっていたこと、それは温暖の海岸線を象徴する観光施設「南房パラダイス」。紆余曲折の末、管理してきた県から民間への売却が決まった。若いころ館山勤務の経験があり、何回となく施設を取材してきた身には、ご時勢とはいえ一抹の寂しさを覚えていた▼午前10時過ぎ、フラワーライン沿いの南パラに着くと、予想以上の車が止まっている。連休、冬晴れと好条件に恵まれたせいか―そんな嬉しい憶測は瞬時に消された。大型ワゴンの後ろにウエットスーツの若者。どうやら前面の平砂浦海岸がお目当てのサーファーが駐車場の多くを占領しているようだ▼これもご時勢か―と妙に納得したが、それ以上に気になったのが松林の変色。以前はまさに白砂青松、それが茶色の目立つ林に▼気を取り直し園内へ。なじみの温室棟とマーライオンがお出迎え、シンガポール国立植物園との姉妹提携は27年前だという。冬を忘れるような暑く湿気たっぷりの温室内にはブーゲンビリア、ハイビスカス、バナナなどの熱帯植物・果樹、さらにカラフルなトロピカルバードが飛び交う▼ラマ、ヤギなど動物との触れ合いも楽しく「南パラ捨てたものではないぞ」。民間移管は4月から、もう一工夫すればリピーター獲得は十分可能では…そんな思いを新たに南国の楽園を後にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る