房総往来 冬に咲く南国花

山里 吾郎

 昨夏の異常気象の反比例か、今年の1月は厳寒に見舞われた。とりわけ太平洋上に発達する南岸低気圧が猛威を振るい、普段は雪を見ることが珍しい南房一帯で降雪が記録された。そんな1月の半ば、ある目的を持って館山市の南端を訪れた▼気になっていたこと、それは温暖の海岸線を象徴する観光施設「南房パラダイス」。紆余曲折の末、管理してきた県から民間への売却が決まった。若いころ館山勤務の経験があり、何回となく施設を取材してきた身には、ご時勢とはいえ一抹の寂しさを覚えていた▼午前10時過ぎ、フラワーライン沿いの南パラに着くと、予想以上の車が止まっている。連休、冬晴れと好条件に恵まれたせいか―そんな嬉しい憶測は瞬時に消された。大型ワゴンの後ろにウエットスーツの若者。どうやら前面の平砂浦海岸がお目当てのサーファーが駐車場の多くを占領しているようだ▼これもご時勢か―と妙に納得したが、それ以上に気になったのが松林の変色。以前はまさに白砂青松、それが茶色の目立つ林に▼気を取り直し園内へ。なじみの温室棟とマーライオンがお出迎え、シンガポール国立植物園との姉妹提携は27年前だという。冬を忘れるような暑く湿気たっぷりの温室内にはブーゲンビリア、ハイビスカス、バナナなどの熱帯植物・果樹、さらにカラフルなトロピカルバードが飛び交う▼ラマ、ヤギなど動物との触れ合いも楽しく「南パラ捨てたものではないぞ」。民間移管は4月から、もう一工夫すればリピーター獲得は十分可能では…そんな思いを新たに南国の楽園を後にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る