馬が主役の展覧会

 市原市山口にある乗馬クラブ、長谷川ライディングファームでは、5月11日まで『馬の3大芸術の競演』が開催されている。作品はチェーンソーカービング世界大会3連覇の経験を持つ市原市在住、栗田宏武さん作の馬の木像、埼玉県在住のJRA公認プロカメラマン、太田宏昭さんが、ばんえい競馬をテーマに撮影した写真、『光と砂』。そして、馬の絵を専門に描き続けている東京都在住の長瀬智之さんによる油絵の3種類。
 栗田さんの作品は、イチョウ、スギ、ケヤキの木を馬の形にチェーンソーで彫ったもの。ダイナミックさと繊細さを併せ持つ。後ろ足で立ち上がり、今にも動き出しそうな馬の木像と頭像が展示されている。
 ばんえい競馬は2006年まで北海道4カ所で行われていた。騎手を乗せてそりを曳き、速さを争う競技。農耕馬がルーツで、大きくて力のある馬同士の闘いだ。現在は北海道帯広市の十勝でのみ開催されている。そんな競走馬が凛と佇む姿や、吹雪の中を騎手とともに走り抜ける迫力のある写真を見ることができる。雑誌、広告の仕事で幅広く活動中の太田さんは2013年有馬記念のポスターの写真も手がけた。
 世界でも評価の高い長瀬さんが描く馬は、筋肉のひきしまった美しくしなやかな肢体、やさしい瞳が印象的だ。2011、12年の全日本馬術選手権では、馬場、障害の優勝者に彼の油絵が副賞として贈られた。
「乗馬を通じた社会貢献がモットーです。馬とのふれあいは心を豊かにしてくれる。また、ファームを中心に良いものを広く伝えていきたい。今回の作品展は、世界レベルの3アーティストの競演。素晴らしい芸術を楽しんで下さい」と取締役社長の長谷川一誠さんは気さくに笑う。取材当日は市原市内のそば店主による手打ちそばの実演と販売も行われた。同ファームで行うイベントやスタッフ手作りの竹・木製の花器台販売による収益金の一部、または全額を東日本大震災被災者への寄付に充てている。
 山々と美しい花、大自然に囲まれた長閑なファームでは引き馬、体験乗馬もできる。一度訪れてみてはいかが。

問合せ 長谷川ライディングファーム
http://www.hrf.co.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る