米沢の森にトウキョウサンショウウオは 生息しているのか!?

 3月23日(日)、市原市米沢の森で市原高校生物部員2名と卒業生1名によってトウキョウサンショウウオの産卵調査が実施された。米沢の森での産卵調査は今回が初めて。
 調査前、部員の只野友規くんは、「他の場所を調査したら6房くらいだった。産卵や孵化は気温に影響されるので、すでに孵化している可能性もある」と予想。サンショウウオの雌は卵巣を2つ持つので、1匹が2つずつ卵嚢を産む。落葉や枝に産みつけた卵嚢は水に浸っており、それを数えることで産卵にきたサンショウウオの数を把握できるのだ。
 部員2人が卵を捜索、見つけた場所と環境を卒業生の常住彩さんが記録していく。「トウキョウサンショウウオは、千葉県で『最重要保護動物』、国の『絶滅危惧・類』に指定されている。生息数が減っているはずだが、米沢の森では意外にもたくさん発見できて驚いた。興味本位で捕まえたりしないで欲しいです。この卵が成長し、生息数が増えることを願っています」と同部員の富澤佑哉くん。
 調査結果は、卵嚢が220個、サンショウウオの成体1匹を確認した。生存には森林や水量の維持が必要で、人間による開発や田んぼの放棄などで大きな影響を受けてしまうが、どんな生物に対しても絶滅を防ぎたいのは皆同じ気持ちではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る