早朝マラソンでスッキリ!快走を目指せ

 毎週日曜日朝6時半から、『マラソン同好会市原倶楽部』のメンバーは上総更級公園周辺で練習に励んでいる。代表の椎名進さん(73)は、「マラソンは過酷で孤独。自分に勝つため精神力の強さを試されるスポーツだが、今日走ってよかったと思えるもの。人生にもたとえられるように、誰かと一緒に励ましあえたらもっと楽しくなるはず」と語る。
 同好会の設立からまだ1カ月ほどで会費は無料、練習も自由。メンバーの萩原和夫さん(63)も、「私は8回フルマラソンに出場していてマラソン歴は8年。大会ではタイムを計るけど普段の練習は気にしない。上総更級公園やケーズ電気を周ると大体1.6キロになり、5周くらいする」と話す。
 椎名さんはマラソン歴43年。今年1月に行われた第40回市原高滝湖マラソン記念大会では「ハーフ男子」60歳以上の部で見事優勝、タイムは1時間23分30秒というベテランだ。「客観的にアドバイスを言い合えるような同好会にしたい。経験者でなくても、老若男女問わず健康であればどなたでも大歓迎です」と椎名さん。
 取材中、個人で練習していた女性が椎名さんに「いつも姿を見かけていました。私は低血糖になると思って朝ごはんを食べてから7キロほど走るんです」と声をかける。「朝食はあまり食べなくても大丈夫ですよ。7キロなんてすごいです」、「心配なら水と飴を持った方がいい」など椎名さんと萩原さんが助言する。女性は忍耐強くマラソンに向いているのだとか。暑くなるこれからの季節、早朝マラソンはとっても気持ちがいいという。

お問合せ 椎名さん
TEL 0436・23・6509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る