房総往来 潮風が運ぶ花々

山里 吾郎

暖冬が生み出した異常気象は自然のサイクルを著しく狂わせているようだ。海ではノリやワカメが全くの不漁。野菜も極端な豊作、不作の繰り返しで不安定な価格が続く。「花畑も早咲きに拍車が…」-そんな情報を耳に3月上旬、南房総に出掛けた▼「午後からは下り坂」。そんな天気予報を見越し午前8時過ぎ、館山道・市原から終点富浦へ。例年通り道の駅「琵琶倶楽部」に寄り、今が旬の海産物を求めた。だが、気になっていた茶褐色のワカメは店頭にはなく、直売店も「今年はなかなか入んねえなぁ」▼やむなく野辺に咲く満開の菜の花を楽しみながら館山市の海岸線へ。目的地は無霜地として知られる平砂浦のポピーの里・館山ファミリーパーク。『開花が早まっているならもう満開では…』の見込み通り、オレンジや黄色、白の鮮やかな花びらが潮風に揺れていた▼和名はヒナゲシ、中国の伝説に由来してグビジンソウ(虞美人草)の呼び名もある。ケシ科の植物には麻薬性を持つものもあるが、ここは早咲きで知られるアイスランドポピー。7500平方メートルの広大な花畑に100万本のポピーが咲き誇っている▼40年前にもなるだろうか。20代で館山支局長を任されたころ同パークが開園し、季節を先取りした“花摘み”の記事を何回となく書いた▼当時を思い出すようにカラフルな花々を撮影しながら10本100円の花摘みも楽しむ。ポピーのほか矢車草、ベニジュウム、ローズマリー、キンセンカなど春の花が満載。新たな名物に仕立て上げようとしているドラゴンフルーツのスムージーも試飲の価値がある。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る