房総往来 潮風が運ぶ花々

山里 吾郎

暖冬が生み出した異常気象は自然のサイクルを著しく狂わせているようだ。海ではノリやワカメが全くの不漁。野菜も極端な豊作、不作の繰り返しで不安定な価格が続く。「花畑も早咲きに拍車が…」-そんな情報を耳に3月上旬、南房総に出掛けた▼「午後からは下り坂」。そんな天気予報を見越し午前8時過ぎ、館山道・市原から終点富浦へ。例年通り道の駅「琵琶倶楽部」に寄り、今が旬の海産物を求めた。だが、気になっていた茶褐色のワカメは店頭にはなく、直売店も「今年はなかなか入んねえなぁ」▼やむなく野辺に咲く満開の菜の花を楽しみながら館山市の海岸線へ。目的地は無霜地として知られる平砂浦のポピーの里・館山ファミリーパーク。『開花が早まっているならもう満開では…』の見込み通り、オレンジや黄色、白の鮮やかな花びらが潮風に揺れていた▼和名はヒナゲシ、中国の伝説に由来してグビジンソウ(虞美人草)の呼び名もある。ケシ科の植物には麻薬性を持つものもあるが、ここは早咲きで知られるアイスランドポピー。7500平方メートルの広大な花畑に100万本のポピーが咲き誇っている▼40年前にもなるだろうか。20代で館山支局長を任されたころ同パークが開園し、季節を先取りした“花摘み”の記事を何回となく書いた▼当時を思い出すようにカラフルな花々を撮影しながら10本100円の花摘みも楽しむ。ポピーのほか矢車草、ベニジュウム、ローズマリー、キンセンカなど春の花が満載。新たな名物に仕立て上げようとしているドラゴンフルーツのスムージーも試飲の価値がある。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る