じめじめとした梅雨も過ぎ去り、夏のシーズンもいよいよ真っ盛り。畑のバジルも勢いよく育ってきました。毎年この時期になると沢山のバジルの葉を摘んで、1年分の乾燥バジルパウダーとジェノベーゼソースを作ります。
独特な風味のあるバジルは、パスタやピザなどのイタリアン料理には欠かすことが出来ません。特にトマトとの相性は抜群です。生のトマトの上に細かく刻んだバジルの葉をまぶしただけで、格段にトマトの甘みを引き立たせてくれます。
庭の一角や鉢に植えておけば好きな時に葉を摘み、料理の上に乗せれば素敵なアクセントとなるでしょう。夏バテ気味の身体に食欲を蘇らせてくれるはずです。それでは今月のレシピ、王子風ジェノベーゼトーストをご紹介します。
・材料(2人分)
Aジェノベーゼペースト:バジルの葉30枚程、ニンニク(みじん切り)、塩・コショウ少々、EVオリーブオイル大さじ5
※味も香りも格段に違うので、出来るだけ生の葉を使うことが好ましいですが、もし手に入らない場合は市販のペーストでもOK。
B具材:ジャガイモ中1個、スライスチーズ2枚、ブルー又はカマンベールチーズ4P、ミニトマト4個
・作り方
①まずはジェノベーゼペースト作り。フードプロセッサーにAの材料を入れて全体が滑らかになるまでよく攪拌する。
②ジャガイモを8つに切り、形が崩れないように注意しながら柔らかくなるまでボイルし、お湯を切っておく。
③トーストの上にスライスチーズを乗せ、その上からAのペーストをまんべんなく塗る。
④トマトを数枚にスライス、チーズを適当な大きさにカットし、②のポテトと共に③の上にトッピングする。
⑤、④をオーブントースターに入れ、3分ほど焼いて出来上がり。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る