ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

じめじめとした梅雨も過ぎ去り、夏のシーズンもいよいよ真っ盛り。畑のバジルも勢いよく育ってきました。毎年この時期になると沢山のバジルの葉を摘んで、1年分の乾燥バジルパウダーとジェノベーゼソースを作ります。
独特な風味のあるバジルは、パスタやピザなどのイタリアン料理には欠かすことが出来ません。特にトマトとの相性は抜群です。生のトマトの上に細かく刻んだバジルの葉をまぶしただけで、格段にトマトの甘みを引き立たせてくれます。
庭の一角や鉢に植えておけば好きな時に葉を摘み、料理の上に乗せれば素敵なアクセントとなるでしょう。夏バテ気味の身体に食欲を蘇らせてくれるはずです。それでは今月のレシピ、王子風ジェノベーゼトーストをご紹介します。
・材料(2人分)
Aジェノベーゼペースト:バジルの葉30枚程、ニンニク(みじん切り)、塩・コショウ少々、EVオリーブオイル大さじ5
※味も香りも格段に違うので、出来るだけ生の葉を使うことが好ましいですが、もし手に入らない場合は市販のペーストでもOK。
B具材:ジャガイモ中1個、スライスチーズ2枚、ブルー又はカマンベールチーズ4P、ミニトマト4個
・作り方
①まずはジェノベーゼペースト作り。フードプロセッサーにAの材料を入れて全体が滑らかになるまでよく攪拌する。
②ジャガイモを8つに切り、形が崩れないように注意しながら柔らかくなるまでボイルし、お湯を切っておく。
③トーストの上にスライスチーズを乗せ、その上からAのペーストをまんべんなく塗る。
④トマトを数枚にスライス、チーズを適当な大きさにカットし、②のポテトと共に③の上にトッピングする。
⑤、④をオーブントースターに入れ、3分ほど焼いて出来上がり。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る