災害時に必要な心構え

 7月1日、辰巳公民館で『地域防災講座 家族を守る防災』が開かれた。講師は市原市若宮1丁目自主防災会会長の菅家啓一さん。44名の受講者を前に、地域での防災活動に必要な準備について説いた。
 火災が起きたら、まず大声を出す。そして火が小さいうちに消火活動を。消火器や、ペットボトルの蓋に錐で細かい穴をあけたものを用意しておくと、近場なら水鉄砲のように使えて便利。火が広がるようであれば地域で備え付けられている消火設備を利用する。日頃から地域の防災用具について認識しておくことが必要だ。「災害時にはパニックになるので適切な判断ができなくなる。2人組で行動するとよい。考え込むより、みんなで協力し、できることからやる、考える、また実行することを繰り返していくうちにベストな行いへとつながっていく」と菅家さん。また、避難所では他人とコミュニケーションをとることが必須となってくる。「男性は会社員時代の肩書きを忘れ、柔軟に人と接するよう心がけて」。防寒具としてはアルミ製の断熱シートを身体に巻くのが有効だそう。
 休憩中、一人一人にバナナが配られた。「災害時には、まず顔見知りの安否を気遣うもの。名前は知らなくても『一緒にバナナを食べた人だね』と思い出せるように。繋がりが大切です」との言葉に、受講者たちは笑顔を見せた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る