半年間の罪や穢れを祓う 夏越の大祓

 6月30日、長生郡白子街にある白子神社にて、夏越の大祓が行われた。6月末と12月末に半年間に知らず知らずのうちに犯した罪や心身の穢れを祓い浄め、正常な本来の身体に戻るための神事である(12月に行われるのは、年越の大祓)。
 厄除けと健康・家内安全祈願に訪れたのは近隣住民だけでなく、町外からの参加者もいた。3人の神職により神事が執り行われ、参加者は配られた細かく切った紙片、切麻(きりぬさ)を身体にかけ、人形(ひとがた)で身体をさすり、更に痛みのある部位、たとえば腰や頭などもさする。そして、人形に3回、息を吹きかける。こうすることで、人形に罪や穢れを移すという。神職が人形を集めに回り、お祓いを。
 その後、神前に立てられた茅の輪くぐり。「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり~」と唱えながら3回くぐる。
 神事が終了すると、大祓の儀式を終えたおしるしの修符が渡される。大きな札は玄関へ、小さな札は車に張る。参拝客が帰ったあと、神職がすぐ近くの南白亀川へ人形を流しに行った。
 神事に参加した男性は、「毎年来ています。お祓いしてもらわないと落ち着かない」と笑顔で話し、初めて参加したという女性は「古式ゆかしい風情を感じる神事ですね。また参加したい」と感動した様子だった。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る