半年間の罪や穢れを祓う 夏越の大祓

 6月30日、長生郡白子街にある白子神社にて、夏越の大祓が行われた。6月末と12月末に半年間に知らず知らずのうちに犯した罪や心身の穢れを祓い浄め、正常な本来の身体に戻るための神事である(12月に行われるのは、年越の大祓)。
 厄除けと健康・家内安全祈願に訪れたのは近隣住民だけでなく、町外からの参加者もいた。3人の神職により神事が執り行われ、参加者は配られた細かく切った紙片、切麻(きりぬさ)を身体にかけ、人形(ひとがた)で身体をさすり、更に痛みのある部位、たとえば腰や頭などもさする。そして、人形に3回、息を吹きかける。こうすることで、人形に罪や穢れを移すという。神職が人形を集めに回り、お祓いを。
 その後、神前に立てられた茅の輪くぐり。「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり~」と唱えながら3回くぐる。
 神事が終了すると、大祓の儀式を終えたおしるしの修符が渡される。大きな札は玄関へ、小さな札は車に張る。参拝客が帰ったあと、神職がすぐ近くの南白亀川へ人形を流しに行った。
 神事に参加した男性は、「毎年来ています。お祓いしてもらわないと落ち着かない」と笑顔で話し、初めて参加したという女性は「古式ゆかしい風情を感じる神事ですね。また参加したい」と感動した様子だった。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る