半年間の罪や穢れを祓う 夏越の大祓

 6月30日、長生郡白子街にある白子神社にて、夏越の大祓が行われた。6月末と12月末に半年間に知らず知らずのうちに犯した罪や心身の穢れを祓い浄め、正常な本来の身体に戻るための神事である(12月に行われるのは、年越の大祓)。
 厄除けと健康・家内安全祈願に訪れたのは近隣住民だけでなく、町外からの参加者もいた。3人の神職により神事が執り行われ、参加者は配られた細かく切った紙片、切麻(きりぬさ)を身体にかけ、人形(ひとがた)で身体をさすり、更に痛みのある部位、たとえば腰や頭などもさする。そして、人形に3回、息を吹きかける。こうすることで、人形に罪や穢れを移すという。神職が人形を集めに回り、お祓いを。
 その後、神前に立てられた茅の輪くぐり。「水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり~」と唱えながら3回くぐる。
 神事が終了すると、大祓の儀式を終えたおしるしの修符が渡される。大きな札は玄関へ、小さな札は車に張る。参拝客が帰ったあと、神職がすぐ近くの南白亀川へ人形を流しに行った。
 神事に参加した男性は、「毎年来ています。お祓いしてもらわないと落ち着かない」と笑顔で話し、初めて参加したという女性は「古式ゆかしい風情を感じる神事ですね。また参加したい」と感動した様子だった。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る