いざ出陣!甲子園!東海大学付属望洋高校 野球部員紹介


1生年月日 2投・打 3身長 4体重 5特徴 6出身中学
7趣味 8好きな言葉 9将来の夢 10今まで最も印象的な野球の思い出


想いを引き継いで甲子園にのぞむ
キャプテン・木村幸樹選手

  「これまで決勝に進めても勝てなかった。今年で4度目、自分たちが夏の甲子園行きをつかめて、達成感がすごくあります」。夢を果たせなかった先輩たちの想い、チームを育ててきた相川監督の想い、それらを選手みんなで共有し、ともに戦った。「自分たちの野球ができれば勝てる」と信じ、県大会170チームの頂点に立った。「以前は弱いチームと言われていたけれど、努力が報われました。ここから先は挑戦者。その気持ちを忘れずにいきたいです」。
 木村選手がもっとも苦しかったのは、昨年秋の県大会から今年の春の県大会の間。「キャプテンを任されましたが、結果が上手く出せず、次の県大会では外されて、チームに迷惑をかけてしまいました。野球をやってて良いのかと悩みました」。しかし、失敗しても止まらず上を向いて行こう、と気持ちを切り替えた。「キャプテンに戻ってからは、みんなが自分についてきてくれて、嬉しかった。今はあのときの経験が役に立っていると思います」。部員たち自ら練習方法などを考え、木村選手はそれぞれの意見を聞いてまとめる役割も担った。「自分が成長するきっかけになりました」。
 甲子園での目標は「まず一勝すること。そして日本一を目標に勝ち進んでいければと思います」。県大会決勝で見せた本塁打、その再現を期待したい。


マネージャー・那須有希子さん(3年)

 普段から飲み物の用意や清掃など、部員のサポートをする那須さん。千葉県大会では記録員をつとめた。「みんなの望みが叶って、本当に嬉しい」。弟の勇哉くんも同じ野球部に所属する1年生。ともに甲子園行きを喜んだが、「父が一番喜んでるかもしれないです。中学生の硬式野球クラブ(市原ポニーベースボールクラブ)の指導をしていて、望洋へ進学してくる子も多いですから。県大会決勝の録画を何度も見てます」と笑う。甲子園では「私ができることで精一杯、みんなのサポートを頑張りたいです」。


東海大望洋 頂点への道のり
●2回戦 9-2 千葉国際
(7回コールド)
●3回戦 3-2 西武台千葉
●4回戦 2-0 袖ヶ浦
●5回戦 7-0 渋谷教育幕張
●準々決勝 5-0 国分
●準 決 勝 12-2 東海大浦安
(5回コールド)
●決  勝 13-2 専大松戸

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る