房総往来

湖上の幾何学模様 山里吾郎

 ちょっと異様な光景にも見える。だが、良く目を凝らせば、整然とした幾何学模様が湖面をびっしりと覆う。市原市のほぼ中央部に位置する山倉ダム。その湖面に今、太陽光発電のソーラーパネルがびっしりと敷き詰められている▼ダムそのものは1964(昭和39)年、県企業庁によって建設された。臨海部に広がるコンビナート向けの工業用水で、湛水面積約61ha、有効貯水量450万㎡を誇る。もともとは県営だった湖畔の「こどもの国」と合わせ、市原市の貴重な水と緑の空間だ▼太陽光発電は再生可能エネルギーの切り札として原発事故以降、急速に普及した。地上の太陽光パネルはさして珍しくもなくなったが、水上版となるとちょっと異様に映る▼面積的な制約も少ない湖面上。今年中に約51000枚のパネルが設置される予定で、文字通り世界最大級のメガソーラーとなる。一見すると浮かんでいるようだが、事業者の京セラ(企業庁より公募で受注)によれば、湖底にアンカリングしたうえで、パネルをワイヤーで結び固定しているという▼実は自宅から近いこともあり、気が向けばウオーキングで足を延ばす散歩道。堰堤から眺めるたびに大きく変わっていく景観が気になっていた▼別の心配もある。生態系への影響。釣りが禁止されていることもあって、鯉や鮒、鰻など多くの在来種も生息している。この点について事業者は「もちろん水質への影響には十分、配慮している。太陽光の遮断でアオコの発生が防げる利点もある」と自信を見せる。自然エネルギーを生み出す太陽光パネルと自然環境の調和をぜひ実現して欲しい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る