湖上の幾何学模様 山里吾郎

 ちょっと異様な光景にも見える。だが、良く目を凝らせば、整然とした幾何学模様が湖面をびっしりと覆う。市原市のほぼ中央部に位置する山倉ダム。その湖面に今、太陽光発電のソーラーパネルがびっしりと敷き詰められている▼ダムそのものは1964(昭和39)年、県企業庁によって建設された。臨海部に広がるコンビナート向けの工業用水で、湛水面積約61ha、有効貯水量450万㎡を誇る。もともとは県営だった湖畔の「こどもの国」と合わせ、市原市の貴重な水と緑の空間だ▼太陽光発電は再生可能エネルギーの切り札として原発事故以降、急速に普及した。地上の太陽光パネルはさして珍しくもなくなったが、水上版となるとちょっと異様に映る▼面積的な制約も少ない湖面上。今年中に約51000枚のパネルが設置される予定で、文字通り世界最大級のメガソーラーとなる。一見すると浮かんでいるようだが、事業者の京セラ(企業庁より公募で受注)によれば、湖底にアンカリングしたうえで、パネルをワイヤーで結び固定しているという▼実は自宅から近いこともあり、気が向けばウオーキングで足を延ばす散歩道。堰堤から眺めるたびに大きく変わっていく景観が気になっていた▼別の心配もある。生態系への影響。釣りが禁止されていることもあって、鯉や鮒、鰻など多くの在来種も生息している。この点について事業者は「もちろん水質への影響には十分、配慮している。太陽光の遮断でアオコの発生が防げる利点もある」と自信を見せる。自然エネルギーを生み出す太陽光パネルと自然環境の調和をぜひ実現して欲しい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る