手話で楽しくコミュニケーション

 障がいに対する理解を深めボランティア意識を高めてもらおうと、7月から9月にかけて『はじめての手話入門』(全10回)が姉崎保健福祉センターで開かれた。講師は市原市ろうあ協会に所属する聴覚障がい者の早野真紀子さん(55)。副読本『友だちをつくる手話』(千葉聴覚障害者センター出版)を使用し、手話通訳者を伴って講習を進めた。
 取材した8月16日7回目のテーマは『趣味』。早野さんが関連する単語をわかりやすく教えると、受講者は手話を繰り返し真似て覚えていた。受講する13名はすでに打ち解けた様子。「趣味は何」の質問に「バドミントン」と女性がラケットを振る動きを勢いよくすると「試合中かな」とのジョークも出るなど笑いが続く。大げさな動きには「手話は視覚言語。身振りを小さくまとめ相手との距離を意識して」とのアドバイスがあった。
 早野さんは「聴覚障がい者は外見からわからず、誤解されやすい。会話からも取り残されがち。視覚から情報を得るので手話ができなくても身振り、筆談、口を大きく開けて話す、手のひらや空間に指で字を書く、絵を描くなどでコミュニケーションをとって」と理解を求めた。講習には聴覚のほかに別の障がいもある、ろう重複障がい者の話を聞く機会もあったそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る