市原にご当地アイドルが誕生! あなたの推しメンは?

2012年8月、いちはらFMが主催する『いちはらPRプロジェクト』の一環として市原にご当地アイドルが誕生した。『Tree Angel(ツリーエンジェル)・COSMIC11(コズミックイレブン)』と名付けられた2ユニットのメンバーは14名。応募数48名からオーディションを勝ち抜いた。年齢は元気な10歳から落ち着いた20歳までと幅広く、個性も豊かだ。学校に仕事と各々が多忙な中、時間を縫って現在は週1回合同練習に励んでいる。市民へのお披露目は昨年10月27日の上総いちはら国府祭りのストリートパフォーマンスの舞台で、たくさんのギャラリーを盛り上げた。
市原FM放送株式会社の企画部制作課、鈴木康友さんは、「数年前から温めていた企画がやっと実現した。このタイミングが最後のチャンスだと思った。市原といえば『Tree Angel・COSMIC11』と言われるようなユニットにしていきたい」と話す。オーディション後に養老渓谷で合宿を行って絆を深めた彼女たちに、年齢によるデメリットは全くないという。「人数は多い方が迫力もある。上の子の年齢が高い分、下の子の面倒をよく見ている。統制がとれていい」と、笑い声を上げながらダンス練習の合間に昼食を取るメンバーを見て嬉しそうだ。
最年長 あやかは大学生。10代最後の経験にと応募した。元来メイド服などに興味もあり、アイドルに憧れた。「社会人になっても続けたい。周りの友達がやっていないので貴重な経験を積めている。これから色々なイベントに出てみたい」と落ち着いて話しながら、色白の頬を少し赤らめた。対照的に、最年少の小学生である、みゆりん(4年)とみ~も(5年)は今すぐ踊り出しそうなほど元気に溢れている。他の年上メンバーから仕草ひとつにしても可愛いと大絶賛。み~もは「市原は都会過ぎず、田舎過ぎないのが魅力」と鋭い意見。みゆりんと2人で目を輝かせながらダンスが好きだと話す。体力的な面でお姉さんたちに追いつけるようになるのが目標だという。
中学生メンバーは大人の仲間入りをめざし、オシャレに敏感な4人組。りぃちゃん(3年)は子どもが大好き。みさ(3年)、えみたそ(1年)はファッションセンスを磨くことに夢中。市原に元気を届けたいと意気込んだ。「昔から、キノコやコケが大好き」と最も個性的な趣味を持つのは、るなな(1年)だ。ツインテールの髪を揺らしながら、食用のコケについて話し始めると止まらない。応募は祖母がしたものの、小1からダンスを習っていたという強者だ。高校生のちーにゃん(2年)とみづきてぃ(1年)はこれからの活動へ期待に胸を躍らせ、年齢や個性がばらばらのメンバーを様々な色を持つ『虹』だと例える。そんな中、せりな(2年)は年長者として特に意識が高く、「最も気を付けることはあいさつやマナーを守り、はしたない行動をしないこと」だと話す。
他に、のあ・みゆめろ・さ~や・なっちゃんを含めた総勢14名。声を揃えていうのは、みんな「市原が大好き!」ということ。鈴木さんは、「今後は、市原のご当地アイドルとして浸透させ、ゆくゆくは大手テレビ局のオーディションにも参加したい」と熱く語る。スタジオでAKB48の『会いたかった』の振りを完璧に踊りきる彼女たちの笑顔を見たら、思わず手を振り返したくなること間違いなし!きっとあなたの推しメン(お気に入りのメンバーのこと)が見つかるはず。今後は、この春から関東リーグへ進出を決めたVONDS市原が、臨海球場に出場する際のフェアプレーチルドレンとして入場を務めると共に、市原市内の様々なイベントに参加する予定。順次いちはらFMのホームページで告知されていく。
問い合わせ いちはらFM TEL.0436・26・1111

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る