更級の街に新しい憩いの場を ティーテックビルに夢ホール開設

 五井駅東口の更級地区に、複合商業ビル、TTEC(ティーテック)ビルが9月17日竣工し、大型店のスポーツデポとゴルフ5が開店した。このビルは、市内でプラント建設を手がけるツルヤマテクノス(株)(鶴山孝行代表取締役・青柳北)が所有し、関連会社のTTECコミュニティが管理運営する。
 ビルは1階に多目的ホール「夢ホール」を備えているのが特徴。上総大路に面して全面ガラス張り、着席で100名以上が入場できる。講演やセミナー、商品発表会などのビジネス利用から、音楽やダンスの発表会、趣味の作品展示など、幅広い活用が可能。テーブルや椅子などの備品はもちろん、音響設備、パブリックビューイングを想定した250インチの大スクリーンもある。開館時間は10時~午後21時、年末年始を除き無休。
 同社の鶴山社長は、「この夢ホールを市民の皆さんにぜひ有効利用して欲しい。ホールの隣にはレストランも誘致中で、オープンテラスはストリートミュージシャンの皆さんなどに無償で貸したい。音楽・文化の情報発信や、皆さんの憩いのスペースになれば」と話す。
 さらにこのビルには320×320㎝の大型ビジョンもあり、ホールでのイベントを放映したり、広告スペースとしての運用も予定されている。

問合せ ティーテックコミュニティ株式会社
TEL 0436・37・1198

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る