一枚の写真と共に甦る青春の思い出

~故 大岩幸男さん生誕90年

 今から39年前、昭和51年6月1日、市原市立菊間小学校の1年生児童121名を引率して4名の教師と共に富津海岸へ遠足に出かけた大岩幸男校長。注意を呼びかけたにもかかわらず、危険地域に入り深みにはまり溺れた児童を救うため海に飛び込み、児童を救出したものの、自らは海中に沈み殉死した。享年51歳。同年、崇高で勇敢な行為と讃えられ、教育功労文部大臣表彰、正七位勲五等双光旭日章授与。翌年、飯香岡八幡宮の境内に大岩幸雄さんの胸像が建立、また、菊間小校門右の一角には碑が建てられ、教育会館内にはブロンドの額が設置された。
 菊間小に校長として赴任して3年目であった大岩さんについて、当時、この遠足に参加していたという女性は「校長先生は、いけないことはいけないと、きちんと諫めるけど、優しくていつもいっぱい遊んでくれた。みんな子どもたちは校長先生が大好きで先生と遊びたがっていた。私は命日になると菊間小の碑に花をたむけていた」と語る。
 そのように子どもたちから慕われ、教師たちにも尊敬されていた大岩幸男さんが、今年、生誕90年を迎えた。そこで、息子の大岩裕幸さんは、父親が所蔵していた写真の中から、地元、鶴舞中学校で教職についていた昭和24年4月から昭和42年3月までの18年間の卒業写真と修学旅行の思い出を綴った写真約100枚を選び『一枚の写真と共に甦る青春の思い出~懐かしき学びや 鶴舞中学校』を市原鶴舞郵便局で5月29日まで開催することとした(見学できるのは郵便局の窓口が開いている(月)~(金)9~17時)。
 会場を訪れていた大岩さんの教え子だったという女性は、懐かしそうに写真に見入り「文子だから、ブンちゃんって呼んでくれた。優しくて本当にいい先生だった」と微笑み、他所から嫁いできたという女性達は、知り合いや夫の顔を探して、歓声をあげていた。 
 大岩裕幸さんは「写真の一枚一枚が青春のひとこまであり、忘れることのできない思い出ではないでしょうか。是非、同級生の方々とも連絡を取り、一人でも多くの方に足を運んでいただき、青春の日々を思い出していただけたら。今はなき鶴舞中の古き良き時代を一堂に集めました。また、なかなか目にすることができない、明治期から昭和初期の鶴舞小学校の修了証等も展示しています」と話す。

問合せ 市原鶴舞郵便局
TEL 0436・88・2001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る