一枚の写真と共に甦る青春の思い出

~故 大岩幸男さん生誕90年

 今から39年前、昭和51年6月1日、市原市立菊間小学校の1年生児童121名を引率して4名の教師と共に富津海岸へ遠足に出かけた大岩幸男校長。注意を呼びかけたにもかかわらず、危険地域に入り深みにはまり溺れた児童を救うため海に飛び込み、児童を救出したものの、自らは海中に沈み殉死した。享年51歳。同年、崇高で勇敢な行為と讃えられ、教育功労文部大臣表彰、正七位勲五等双光旭日章授与。翌年、飯香岡八幡宮の境内に大岩幸雄さんの胸像が建立、また、菊間小校門右の一角には碑が建てられ、教育会館内にはブロンドの額が設置された。
 菊間小に校長として赴任して3年目であった大岩さんについて、当時、この遠足に参加していたという女性は「校長先生は、いけないことはいけないと、きちんと諫めるけど、優しくていつもいっぱい遊んでくれた。みんな子どもたちは校長先生が大好きで先生と遊びたがっていた。私は命日になると菊間小の碑に花をたむけていた」と語る。
 そのように子どもたちから慕われ、教師たちにも尊敬されていた大岩幸男さんが、今年、生誕90年を迎えた。そこで、息子の大岩裕幸さんは、父親が所蔵していた写真の中から、地元、鶴舞中学校で教職についていた昭和24年4月から昭和42年3月までの18年間の卒業写真と修学旅行の思い出を綴った写真約100枚を選び『一枚の写真と共に甦る青春の思い出~懐かしき学びや 鶴舞中学校』を市原鶴舞郵便局で5月29日まで開催することとした(見学できるのは郵便局の窓口が開いている(月)~(金)9~17時)。
 会場を訪れていた大岩さんの教え子だったという女性は、懐かしそうに写真に見入り「文子だから、ブンちゃんって呼んでくれた。優しくて本当にいい先生だった」と微笑み、他所から嫁いできたという女性達は、知り合いや夫の顔を探して、歓声をあげていた。 
 大岩裕幸さんは「写真の一枚一枚が青春のひとこまであり、忘れることのできない思い出ではないでしょうか。是非、同級生の方々とも連絡を取り、一人でも多くの方に足を運んでいただき、青春の日々を思い出していただけたら。今はなき鶴舞中の古き良き時代を一堂に集めました。また、なかなか目にすることができない、明治期から昭和初期の鶴舞小学校の修了証等も展示しています」と話す。

問合せ 市原鶴舞郵便局
TEL 0436・88・2001

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る