ついにデビュー 町歩きの達人

自分たちの住む地域を紹介するボランティアガイドを目指す国分寺公民館主催事業『町歩きの達人』(全10回)。6月にスタートし、11月の最終日に聴講者30人のうち10人がこれまで学んだ郷土史の知識を生かし、待望のガイドデビューを果たした。
 実際のガイドツアーに参加したのは一般から公募した20人。2班にわけたグループのうち、達人手作りの文化財マップを手に国分寺中央公園へ向かう班に同行した。国分寺通りに面した公園入口にある人物埴輪の複製の説明をした担当者は「出土した本物はこの2倍の大きさ。西広の山倉1号墳にあった。作られたのは埼玉の埴輪窯跡生出塚(おいねづか)古墳」と流暢に話した。
 国分尼寺跡、祇園原(ぎおんばら)貝塚、総檜作りの七重塔レプリカのある市役所ロビーと、「市原の宝」と胸を張る各所の担当ガイドの解説で歩き、七重塔礎石のある国分寺僧寺跡へ。同じ敷地に現存する江戸中期建造の真言宗豊山派上総国分寺の薬師堂(市原市指定有形文化財)では普段非公開の内部を見学。参加者は極彩色の厨子、龍や飛天の天井画を見上げ、歴史茶話を交えたガイドの語りを楽しんだ。さらに本堂に移動し、中国の二十四孝を主題に三代目波の伊八が彫った欄間も堪能できた。
 「思っていた半分も話せなかった」とこぼしたガイドもいたが、参加者は「楽しかった」と大満足。講座は3年目となり、ガイド同好会『天平の甍』も生まれた。すでに依頼があり国分寺を案内した人もいる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る