ついにデビュー 町歩きの達人

自分たちの住む地域を紹介するボランティアガイドを目指す国分寺公民館主催事業『町歩きの達人』(全10回)。6月にスタートし、11月の最終日に聴講者30人のうち10人がこれまで学んだ郷土史の知識を生かし、待望のガイドデビューを果たした。
 実際のガイドツアーに参加したのは一般から公募した20人。2班にわけたグループのうち、達人手作りの文化財マップを手に国分寺中央公園へ向かう班に同行した。国分寺通りに面した公園入口にある人物埴輪の複製の説明をした担当者は「出土した本物はこの2倍の大きさ。西広の山倉1号墳にあった。作られたのは埼玉の埴輪窯跡生出塚(おいねづか)古墳」と流暢に話した。
 国分尼寺跡、祇園原(ぎおんばら)貝塚、総檜作りの七重塔レプリカのある市役所ロビーと、「市原の宝」と胸を張る各所の担当ガイドの解説で歩き、七重塔礎石のある国分寺僧寺跡へ。同じ敷地に現存する江戸中期建造の真言宗豊山派上総国分寺の薬師堂(市原市指定有形文化財)では普段非公開の内部を見学。参加者は極彩色の厨子、龍や飛天の天井画を見上げ、歴史茶話を交えたガイドの語りを楽しんだ。さらに本堂に移動し、中国の二十四孝を主題に三代目波の伊八が彫った欄間も堪能できた。
 「思っていた半分も話せなかった」とこぼしたガイドもいたが、参加者は「楽しかった」と大満足。講座は3年目となり、ガイド同好会『天平の甍』も生まれた。すでに依頼があり国分寺を案内した人もいる。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る