大道芸の魅力の話法はこれだ!『ガマの油売り』

 11月5日、市津公民館で『大道芸の日本語・ガマの油売り』講座が開催された。講師の筑波大清さんは大道芸研究会の会員で、都内大田区や筑波山神社を拠点に活動している口上士。筑波さんは、「初代永井兵助から伝わる『ガマの油売り口上』の伝承を目指し、江戸の口上芸を演じていきたい」と願っている。 
 講座では、大道芸の日本語がどうして人を寄せ付けるのかなどが説明された。「七五調のリズムは耳触りがいいので、耳が反応するんです。落語の系列で、日本語の面白さを取り入れています。『そいじゃお主』や『お立ち合い!』など会話文を用いて、人間的関心と興味を持たせることでも人を呼びやすいのです」と説明する。
 受講者は、筑波さんの後に続いて大道芸口上集の『大道易学六魔』を読み上げたり、『ガマの油売り口上』をじっくりと読み込んでみたりと真剣な表情。講座の最後には、筑波さんが長年修業を積んで身に付けた『正調蝦蟇の膏売り口上』が20分かけて実演され、受講者も大喜び!大道芸を教室で間近に見られるとあって、カメラを構える姿も多数。
 筑波さんの滑らかな口上に聞きほれたり笑いが漏れたりする演技の中、最も盛り上がったのは刀のシーン。切れ味の鋭い刀で腕を切っても、ガマ油を塗れば数秒で傷が癒えるというのだ。事実はいかに。かつてはガマ油200文、現在の4千円で売られていたといい、「昔は高くて使えなかったので、よく見せてください」などと話す受講者もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る