大道芸の魅力の話法はこれだ!『ガマの油売り』

 11月5日、市津公民館で『大道芸の日本語・ガマの油売り』講座が開催された。講師の筑波大清さんは大道芸研究会の会員で、都内大田区や筑波山神社を拠点に活動している口上士。筑波さんは、「初代永井兵助から伝わる『ガマの油売り口上』の伝承を目指し、江戸の口上芸を演じていきたい」と願っている。 
 講座では、大道芸の日本語がどうして人を寄せ付けるのかなどが説明された。「七五調のリズムは耳触りがいいので、耳が反応するんです。落語の系列で、日本語の面白さを取り入れています。『そいじゃお主』や『お立ち合い!』など会話文を用いて、人間的関心と興味を持たせることでも人を呼びやすいのです」と説明する。
 受講者は、筑波さんの後に続いて大道芸口上集の『大道易学六魔』を読み上げたり、『ガマの油売り口上』をじっくりと読み込んでみたりと真剣な表情。講座の最後には、筑波さんが長年修業を積んで身に付けた『正調蝦蟇の膏売り口上』が20分かけて実演され、受講者も大喜び!大道芸を教室で間近に見られるとあって、カメラを構える姿も多数。
 筑波さんの滑らかな口上に聞きほれたり笑いが漏れたりする演技の中、最も盛り上がったのは刀のシーン。切れ味の鋭い刀で腕を切っても、ガマ油を塗れば数秒で傷が癒えるというのだ。事実はいかに。かつてはガマ油200文、現在の4千円で売られていたといい、「昔は高くて使えなかったので、よく見せてください」などと話す受講者もいた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る