房総往来 

紅葉を追って
山里吾郎

 今年の紅葉前線もいよいよ最終盤。10月の冷え込みで全国的には早いスタートとなったが、11月の好天で例年並みに戻った。「関東で一番遅い紅葉」で知られる養老渓谷はこの小欄が出るころはもう最後か?▼そんな身近な紅葉を待ち切れなかったわけでもないが、先月20日過ぎに栃木県は鬼怒川温泉へ出かけた。今回は孫連れのもみじ狩りと歴史探訪を兼ねた日光紀行▼週末を利用した2日間の慌ただしい旅。「なるべく渋滞は避けたい」と5時前には市原の自宅を出発、船橋で息子の運転する車に乗り換え、一路日光を目指した。2人の孫は休憩地のドライブインに着くまでうたたね状態。避けきれない事故渋滞こそあったが、10時過ぎには鬼怒川の清流と対面を果たした▼初日はそのまま孫孝行を優先して日光江戸村へ。予想以上の寒さに震えながら(薄着を後悔)も江戸情緒たっぷりの街並みを駕籠に乗り、途中手裏剣を投げるなど忍者体験を楽しむ。入るとなかなか出られないからくり仕掛けの巨大迷路も孫の機転で無事すり抜けた▼その足で鬼怒川の渓流沿いに広がる遊歩道を散策。時期的には若干遅かったようだが、夕焼けに照らされた両岸の岩山は赤・黄の『紅葉色』に映えまさに絶景。全長140m、揺れる「鬼怒楯岩大吊橋」も高所恐怖症を物ともせず渡り切った▼帰路は修学旅行よろしく日光東照宮を見学。荘厳な社殿、三猿・眠り猫など繊細な江戸文化の粋に再会、大満足の駆け足旅を終えた。ところでこの項を書き終えた11月末、多忙を何とかやりくりして養老渓谷の紅葉を訪ねたいと思っている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る