季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

日向ぼっこをしていたら、亡くなって久しい父の句を思い出した。《日向ぼこ身じろぎだけが音である》これは、まだ若かった父が、当時の俳句界の新しい潮流に乗っての口語調の作だ▼私の手元に父の遺した毛筆書きの句集がある。百九十二句収められているが、今の私から見てもなかなかの出来ばえだ。▼私も俳句に熱中して長い。が、父に感化されたのではない。つまらないことで、私は十八歳の時、父といさかい、家をとび出したからだ。以後、断絶したわけではなく、父の最晩年には同居し、介護もした。その間も俳句の話しはしなかった▼そんな親子であったが、今にして思えば、俳句の血脈がどこかでつながり、否応なく分け合っていたのは確かだ。

●松下佳紀
 昭和15年市川市生。東洋美術夜間グラフィックデザイン科卒。昭和39年新宿画廊で第1回個展。6カ月間の自転車日本1周スケッチ旅行の後、各地で個展、2人展、グループ展などを開催。イラストレーション、子どもの絵本、オリジナル俳画、陶芸などを手がける画家。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…
  2. 2020年3月23日(月)~4月中旬 茂原公園及び豊田川、一宮川沿い  茂原の中心街全体が桜色に彩られる「茂原桜まつり」が、今年も3月2…
  3.  先日、出かけた近くの山中で、枯れ木の枝にキノコがびっしりと発生していました。こんな寒い時期に出るキノコってなんだろう。もしかしてこれって野…
  4.  現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…

ピックアップ記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る