境内の特設ステージから豆まき 姉崎神社の節分祭

 2月3日の夜、姉崎神社で節分祭が行われ、例年3000人以上とされる人出でにぎわった。境内には夜店がいくつも並び、大きな特設ステージでは下町・上町・宮本の子どもたちが明神囃子を披露。その間に拝殿では、古式ゆかしい神事『追儺(ついな)式』が執り行われ、氏子や地域の関係者たちが参列した。節分は、もともと季節の変わり目に厄や病などの邪気を祓い清めるための行事。厳粛な雰囲気のなか、鬼門と表鬼門の方角に向けて弓の弦を鳴らしたり、玉串を捧げるなどした。
 豆まきは神事の後。2回に分け、年男たちや関係者たちにより、餅と炒り豆などが入った小袋がステージから投げられた。神聖な神社に鬼はいないということから、かけ声は「福は内」のみ。袋の中には、賞品と引き換えられる『当たり』の色紙が入っており、参加者は歓声をあげ、夢中で袋を拾っていた。
 家族と一緒に毎年参加しているという年配の女性は、「ここで拾った餅と豆を食べると、一年健康でいられますよ」と、多くの豆の小袋と米や醤油などの賞品を抱え、帰る前に嬉しそうに拝殿へお参りしていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る