雑木林のヤマツツジ
 
 雑木林にヤマツツジの朱色の花が見られる季節になってきた。木々がまばらな所や外に張り出した枝の花は遠くからでもよく目立つ。木陰の奥をよく見ると、まだ人目に付かぬたくさんの花が覗ける。周りの木々に埋もれた中にも朱色が鮮やかだ。通り過ぎる車や離れた所から見える株の10倍を超える数がありそうだ。花の重みで細い枝が崖から垂れ下がる姿は、盆栽の懸崖作りを凌駕する。
 ツツジ科ツツジ属の半常緑低木ヤマツツジの樹高は1~3メートル。春に生える春葉の長さは3~5センチ、先がとがる楕円形、秋に落葉する。夏から秋に生える夏葉の長さは1~2センチ、先が丸いさじ形、その多くは越冬する。細い枝の先に大きさ5センチぐらいで漏斗形の花が2~3個付く。
 この時季、春に目覚めた生き物たちの繁殖が盛んになる。虫たちは、花の蜜や草木の樹液を求めてブンブン飛び交う。雑木林に集まるたくさんの種類の虫は、蜜や樹液を供給する植物に恵まれている。ヤマツツジのほかにも白や青や赤い花が、その存在を主張しあって咲き誇る。
 植生の多様性がそこに集まる虫たちの多様性に結びつき、虫を餌にする野鳥や小動物の多様性につながる。たくさんの生き物たちの糞や死骸が微生物に分解され、雑木林の肥料になる。雑木林が多い市原では生物多様性の生態系が活発になる季節でもある。
 ヤマツツジの花から地域の生態系がイメージできる。雑木林に恵まれる市原の自然が豊かな訳だ。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る