雑木林のヤマツツジ
 
 雑木林にヤマツツジの朱色の花が見られる季節になってきた。木々がまばらな所や外に張り出した枝の花は遠くからでもよく目立つ。木陰の奥をよく見ると、まだ人目に付かぬたくさんの花が覗ける。周りの木々に埋もれた中にも朱色が鮮やかだ。通り過ぎる車や離れた所から見える株の10倍を超える数がありそうだ。花の重みで細い枝が崖から垂れ下がる姿は、盆栽の懸崖作りを凌駕する。
 ツツジ科ツツジ属の半常緑低木ヤマツツジの樹高は1~3メートル。春に生える春葉の長さは3~5センチ、先がとがる楕円形、秋に落葉する。夏から秋に生える夏葉の長さは1~2センチ、先が丸いさじ形、その多くは越冬する。細い枝の先に大きさ5センチぐらいで漏斗形の花が2~3個付く。
 この時季、春に目覚めた生き物たちの繁殖が盛んになる。虫たちは、花の蜜や草木の樹液を求めてブンブン飛び交う。雑木林に集まるたくさんの種類の虫は、蜜や樹液を供給する植物に恵まれている。ヤマツツジのほかにも白や青や赤い花が、その存在を主張しあって咲き誇る。
 植生の多様性がそこに集まる虫たちの多様性に結びつき、虫を餌にする野鳥や小動物の多様性につながる。たくさんの生き物たちの糞や死骸が微生物に分解され、雑木林の肥料になる。雑木林が多い市原では生物多様性の生態系が活発になる季節でもある。
 ヤマツツジの花から地域の生態系がイメージできる。雑木林に恵まれる市原の自然が豊かな訳だ。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る