故郷は自分たちの手で守る

 茂原市本納にある周囲650mの鞘戸池は三方を里山に囲まれた静かな癒しスポット。初夏には約300本のアジサイが土手を飾り、青々とした樹々が水面に映る。茂原北陵高校生のマラソンコースや近隣住民の散歩道として密かな人気を呼んでいる。
 この池の周りの本格的な手入れが、第七区自治会内で定年退職をした男性12名の『鞘戸池美化運動有志の会』によって始められたのは2年前。古木や竹が入り混じった藪を開墾するのはかなり骨が折れたそう。以降、草刈りや除草剤散布、アジサイの剪定など年に6回ほどの活動を行っている。代表の吉井幸人さんは「江戸時代から現在に至るまで、米作りに欠かせない水源として、また、台風の時期など大雨が降った際には堰として水害から町内を守ってくれている。幼少の頃はここでよく泳いで遊んだ。故郷をきれいな状態で保存したいという気持ちがある」と話す。
 南側のほとりに高い杉の木が1本あり、その裏手には弁天様が祀られている。ちょうど木陰になっており、暑い日の労働を癒す場所となっている。「次世代の人たちが引き継いでくれるまで、今のメンバーで頑張っていきます」と吉井さんは笑顔を見せる。春には、ヤエザクラやソメイヨシノなど130本以上の桜が周囲を彩る華やかな鞘戸池が見られるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る