故郷は自分たちの手で守る

 茂原市本納にある周囲650mの鞘戸池は三方を里山に囲まれた静かな癒しスポット。初夏には約300本のアジサイが土手を飾り、青々とした樹々が水面に映る。茂原北陵高校生のマラソンコースや近隣住民の散歩道として密かな人気を呼んでいる。
 この池の周りの本格的な手入れが、第七区自治会内で定年退職をした男性12名の『鞘戸池美化運動有志の会』によって始められたのは2年前。古木や竹が入り混じった藪を開墾するのはかなり骨が折れたそう。以降、草刈りや除草剤散布、アジサイの剪定など年に6回ほどの活動を行っている。代表の吉井幸人さんは「江戸時代から現在に至るまで、米作りに欠かせない水源として、また、台風の時期など大雨が降った際には堰として水害から町内を守ってくれている。幼少の頃はここでよく泳いで遊んだ。故郷をきれいな状態で保存したいという気持ちがある」と話す。
 南側のほとりに高い杉の木が1本あり、その裏手には弁天様が祀られている。ちょうど木陰になっており、暑い日の労働を癒す場所となっている。「次世代の人たちが引き継いでくれるまで、今のメンバーで頑張っていきます」と吉井さんは笑顔を見せる。春には、ヤエザクラやソメイヨシノなど130本以上の桜が周囲を彩る華やかな鞘戸池が見られるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る