故郷は自分たちの手で守る

 茂原市本納にある周囲650mの鞘戸池は三方を里山に囲まれた静かな癒しスポット。初夏には約300本のアジサイが土手を飾り、青々とした樹々が水面に映る。茂原北陵高校生のマラソンコースや近隣住民の散歩道として密かな人気を呼んでいる。
 この池の周りの本格的な手入れが、第七区自治会内で定年退職をした男性12名の『鞘戸池美化運動有志の会』によって始められたのは2年前。古木や竹が入り混じった藪を開墾するのはかなり骨が折れたそう。以降、草刈りや除草剤散布、アジサイの剪定など年に6回ほどの活動を行っている。代表の吉井幸人さんは「江戸時代から現在に至るまで、米作りに欠かせない水源として、また、台風の時期など大雨が降った際には堰として水害から町内を守ってくれている。幼少の頃はここでよく泳いで遊んだ。故郷をきれいな状態で保存したいという気持ちがある」と話す。
 南側のほとりに高い杉の木が1本あり、その裏手には弁天様が祀られている。ちょうど木陰になっており、暑い日の労働を癒す場所となっている。「次世代の人たちが引き継いでくれるまで、今のメンバーで頑張っていきます」と吉井さんは笑顔を見せる。春には、ヤエザクラやソメイヨシノなど130本以上の桜が周囲を彩る華やかな鞘戸池が見られるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る