じわじわ来ているぞ!中東出身、謎のスイカ現る

 市原市松崎在住の福原崇さん(67)は、昨年自宅の畑で収穫されたスイカを手に笑顔を浮かべた。大きな緑色のそれは枕のような形をしていて、一見冬瓜のようだ。しかし、切ってみれば大違い。中は綺麗な赤く熟れたスイカなのだ。「このスイカを栽培し始めてから、もう20年近く経ちました。面白い話ですが、ある飛行機のパイロットが中東に仕事で行き、そこで手に入れた種をもらうことができたのが、栽培のきっかけです」と話す福原さんだが、どうやら中東の『ヘンダワナスイカ』だろうということだけで、実際にどの国のものかはっきりしていないという。
 だが、食べてみればさらに驚きだ。糖度を計れば14度と異常な甘さ、頬や地面に滴り落ちるほどの水分量、そして見事なシャキシャキとした歯ごたえ。そして、「糖度が14度を超すためには、気温や天候に左右されるのでビニールをかけてトンネルにしたり、ほんの少しだけ農薬を使うなど工夫が必要です。また、蔓にできる15枚目から25枚目の葉の間に出来る実が一番美味しいので、他は早目に摘んでしまうことも必要です」と育てるコツを語る。
 昨年は200個もの収穫に成功、やはり一番嬉しいのは手にした人の喜ぶ顔だ。中東で育つ作物ゆえに、初めは日本の気候が合わなかったのか蔓がのびてもポキポキ折れてしまった。だが、次第に丈夫になり、実も大きくなった。市原商工会議所の浅賀恒さんは、「最大26㎏になったこともあります。以前、このスイカに似ている北海道の『ゴジラの卵』というのを見つけて取り寄せてみたんですが、やはり違いましたね。これから、三和のブランドとして長い目で盛り上げていけたらと望んでいます」と話す。縦横の比率を均等にして形を揃える、種を植える時期をずらして収穫の間隔を長くすることなどが課題だ。また、三和地区の名産として確実な品質を保つために糖度の基準を設け、その高さを超えたスイカにだけ専用のシールを貼って市場に出すなどの試みを考えている。
 「かつては中東の人の食を支えたスイカが、イランでは今内紛が続いて農業どころではなく、種もないようです。それが海を越えて日本で栽培されているなんて不思議ですね」と福原さんは想いを馳せる。
 また、スイカだけでなく桃や山ワサビなども育てる福原さんの特技は蕎麦打ちだ。福島県を産地とするそば粉で、こちらも20年ほど打ち込み、今では毎月2回三和コミュニティセンターで蕎麦教室を開催している。「生徒さんは30人ほどですが、みなさんかなり上達されています。いつでも参加可能です」という福原さんに、「年越し蕎麦を自分で作りたかったけれど綺麗なのができず、ここで教えてもらって2年半、家族も喜んでくれるようになりました」と生徒の1人も続けた。日本国内関わらず、1つの食材、1つの料理が人間の心をほっと和ませるのは、いつの時代も決して変わることがないのだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る