魔女が教える冬のアロマ

 植物から抽出した精油を使うアロマテラピーは心と体のバランスを整え、自然治癒力を増す。1月31日、茂原市東部台文化会館にて『冬のほんわかあったかアロマ教室』が開かれ、24名が参加した。
 講師は東京在住のアロマセラピスト篠木由美さん。クレオパトラも愛用したというバラの香油は「花60個分で一滴」、フランキンセンスは「キリスト生誕のとき捧げられた乳香」と篠木さんは香りの小瓶を参加者に回す。「香料、薬やお茶になるハーブは満月の夜に効用が高くなる。夜、女性たちがハーブを収穫する様子が魔女と箒を結びつけた」とアロマにまつわる話を続けた。
 冬に気分が沈む冬季うつに効く香りは柑橘系の「王様の果実」と呼ばれるマンダリンとベルガモット。「ベルガモットの香りの紅茶アールグレイは日照時間の短いイギリス発祥」。香りで脳は抗うつホルモンに指令を出す。「不眠で」と訴えた女性には「穏やかに効くラベンダー」を勧めた。心配事は「オレンジの香りでハッピーになる」
 後半はアンチエイジング効果のあるルイボスマンゴーティー、講師手作りのローズマリーと紅茶入りクッキーで一息いれ口紅作り。マカデミアナッツ油、コケモモバター、蜜蝋や自然素材の色素などを湯煎にかけ溶かし、リップ容器に素早く流し込むだけ。アロマ効果のためか、「実験みたい」、「魔女色になった」と講座開始時に表情の硬かった参加者たちも笑い声を響かせ完成させた。魔女修行もする篠木さん伝授の魔法の言葉は「まっいいか」。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る