魔女が教える冬のアロマ

 植物から抽出した精油を使うアロマテラピーは心と体のバランスを整え、自然治癒力を増す。1月31日、茂原市東部台文化会館にて『冬のほんわかあったかアロマ教室』が開かれ、24名が参加した。
 講師は東京在住のアロマセラピスト篠木由美さん。クレオパトラも愛用したというバラの香油は「花60個分で一滴」、フランキンセンスは「キリスト生誕のとき捧げられた乳香」と篠木さんは香りの小瓶を参加者に回す。「香料、薬やお茶になるハーブは満月の夜に効用が高くなる。夜、女性たちがハーブを収穫する様子が魔女と箒を結びつけた」とアロマにまつわる話を続けた。
 冬に気分が沈む冬季うつに効く香りは柑橘系の「王様の果実」と呼ばれるマンダリンとベルガモット。「ベルガモットの香りの紅茶アールグレイは日照時間の短いイギリス発祥」。香りで脳は抗うつホルモンに指令を出す。「不眠で」と訴えた女性には「穏やかに効くラベンダー」を勧めた。心配事は「オレンジの香りでハッピーになる」
 後半はアンチエイジング効果のあるルイボスマンゴーティー、講師手作りのローズマリーと紅茶入りクッキーで一息いれ口紅作り。マカデミアナッツ油、コケモモバター、蜜蝋や自然素材の色素などを湯煎にかけ溶かし、リップ容器に素早く流し込むだけ。アロマ効果のためか、「実験みたい」、「魔女色になった」と講座開始時に表情の硬かった参加者たちも笑い声を響かせ完成させた。魔女修行もする篠木さん伝授の魔法の言葉は「まっいいか」。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る