太鼓の音で心身パワーアップ!

 市原市と千葉市、外房の広範囲で活動する和太鼓グループ『すめらぎ』。代表の市川真司さんが1994年に都内で発足してから約20年。2000年に千葉支部を設立後、千葉市・市原市・長生郡で生徒は60人まで増加した。
 息の合った音や抑揚あるパフォーマンス。それらに欠かせない音のすべては、市川さんが作ったオリジナル曲だ。「メンバーは8年の経験者からまだ2、3年の人まで様々だけど、週5日各曜日異なった4カ所で行われている練習のどこに参加してもいいんです。だからこそ練習量が増えて上達も早いですよ」と市川さん。
 2歳児から70歳代まで幅広い世代が共に練習をする。「親子会員も多く、一緒の目標をもって楽しんでもらいたい」そう。市川さんは独学で太鼓を勉強しここまでやってきた。津軽三味線とユニットを組んだりと今も挑戦を続けている。抽象的なイメージ楽曲が多い和太鼓だが、中学生の時に見た和太鼓にあこがれた時を想う『焦がれ』、青森3大ねぶたまつりをイメージした『ねぶた』など聴いている人に伝わりやすいよう心がけている。
 今後の課題は、「表現力を伸ばすこと。演奏をしながら、顔や所作まで表情を出すのは本当に難しいんですよ」と話す。それでも、「拍手をもらう瞬間は病みつき。声援や拍手の大小に関係なく一度味わうと癖になります。室内だと音が響いてもっといいんですが、室外でやった時にさらに満足のいく音が出せるようになるため、また練習をがんばります」と意気込む『すめらぎ』。現在、老若男女関わらず会員を募集している。

問合せ http://www.sumeragi-spirit.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る