太鼓の音で心身パワーアップ!

 市原市と千葉市、外房の広範囲で活動する和太鼓グループ『すめらぎ』。代表の市川真司さんが1994年に都内で発足してから約20年。2000年に千葉支部を設立後、千葉市・市原市・長生郡で生徒は60人まで増加した。
 息の合った音や抑揚あるパフォーマンス。それらに欠かせない音のすべては、市川さんが作ったオリジナル曲だ。「メンバーは8年の経験者からまだ2、3年の人まで様々だけど、週5日各曜日異なった4カ所で行われている練習のどこに参加してもいいんです。だからこそ練習量が増えて上達も早いですよ」と市川さん。
 2歳児から70歳代まで幅広い世代が共に練習をする。「親子会員も多く、一緒の目標をもって楽しんでもらいたい」そう。市川さんは独学で太鼓を勉強しここまでやってきた。津軽三味線とユニットを組んだりと今も挑戦を続けている。抽象的なイメージ楽曲が多い和太鼓だが、中学生の時に見た和太鼓にあこがれた時を想う『焦がれ』、青森3大ねぶたまつりをイメージした『ねぶた』など聴いている人に伝わりやすいよう心がけている。
 今後の課題は、「表現力を伸ばすこと。演奏をしながら、顔や所作まで表情を出すのは本当に難しいんですよ」と話す。それでも、「拍手をもらう瞬間は病みつき。声援や拍手の大小に関係なく一度味わうと癖になります。室内だと音が響いてもっといいんですが、室外でやった時にさらに満足のいく音が出せるようになるため、また練習をがんばります」と意気込む『すめらぎ』。現在、老若男女関わらず会員を募集している。

問合せ http://www.sumeragi-spirit.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る