季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

 俳句を作る時、また文章を書く時、私はよく辞書を利用する。というより欠かせない。何よりも私の表現する句や文章に用いる言葉が的確か、誤りがないかを確認するのが第一目的だが、考え事の手掛かりを発見することも多々ある▼辞書は三種類。先ずは国語辞典、それに類語辞典、俳人なら必携の歳時記である。もし、これらの辞書の一種類が欠けたとしたら、私は何もできなくなり、道に迷った子供のように泣き出すだろう。さほど私の記憶力や頭脳の働きは鈍く、所有する知識や語彙の蓄えは乏しい▼しかし、それを嘆くより、もっと大切なのは私自身の創造力、想像力であろう。もとより鈍才である私の作品は、取るに足らぬものばかりであるが…。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る