房総往来 飛び切りのアジ

山里 吾郎

彼岸の中日、父母が眠る故郷の墓を訪ねた。関東を襲った記録的な豪雨から一転、シルバーウイークは汗ばむほどの好天。日ごろの無沙汰を詫びながら手を合わせた帰途、鋸山の隧道を抜け、内湾沿いを富津方面へ。海をこよなく愛した両親を偲ぶ想いもあった▼魚の干物、サザエなどの貝類…。晩酌用に定番の海の幸を購入したあと、「ここらへんなら黄金アジか。最近、テレビや雑誌で盛んに紹介されている食堂が…」。時計はいつの間にか昼を回り腹も空いてきた▼目当ての店はすぐに見つかった。だが、狭い店先を取り囲むように二重三重の人の列が遠目からでもはっきり見える。「これじゃ日が暮れちまうな」。やむなく最近評判の店はあきらめ、そのまま竹岡方面へ向かった▼もう一軒、久しぶりに行きたい店がある。国道沿い左手の竹岡漁港の前。近づくと黄色の旗に「黄金アジ」の文字。「確か発祥はこっちだったはずだ」。昔の記憶を頼りに『さすけ』から『マルゴ』に乗り換えた▼こちらも駐車場は満杯。ただ店が広い分、30分ほどで店内へ。早速、アジフライと刺身を注文、飛び切りの味(アジ)を堪能した▼鰯と並んで青魚の代表格でもある鯵の名は、もともと味の良さから付いたとも言われる。なかでも近海に棲むマアジは回遊魚だが、根に居ついて大型に成長したものを特別な名前、ここでは"黄金アジ"と呼ぶ。脂が乗り身はぷっくり。食通もうなるおいしさだ▼ちなみに近くにはヒカリモの群生地で、国の天然記念物に指定されている「黄金(こがね)井戸」がある。この発見が飛び切りのアジ名にも由来したのかもしれない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る