房総往来 飛び切りのアジ

山里 吾郎

彼岸の中日、父母が眠る故郷の墓を訪ねた。関東を襲った記録的な豪雨から一転、シルバーウイークは汗ばむほどの好天。日ごろの無沙汰を詫びながら手を合わせた帰途、鋸山の隧道を抜け、内湾沿いを富津方面へ。海をこよなく愛した両親を偲ぶ想いもあった▼魚の干物、サザエなどの貝類…。晩酌用に定番の海の幸を購入したあと、「ここらへんなら黄金アジか。最近、テレビや雑誌で盛んに紹介されている食堂が…」。時計はいつの間にか昼を回り腹も空いてきた▼目当ての店はすぐに見つかった。だが、狭い店先を取り囲むように二重三重の人の列が遠目からでもはっきり見える。「これじゃ日が暮れちまうな」。やむなく最近評判の店はあきらめ、そのまま竹岡方面へ向かった▼もう一軒、久しぶりに行きたい店がある。国道沿い左手の竹岡漁港の前。近づくと黄色の旗に「黄金アジ」の文字。「確か発祥はこっちだったはずだ」。昔の記憶を頼りに『さすけ』から『マルゴ』に乗り換えた▼こちらも駐車場は満杯。ただ店が広い分、30分ほどで店内へ。早速、アジフライと刺身を注文、飛び切りの味(アジ)を堪能した▼鰯と並んで青魚の代表格でもある鯵の名は、もともと味の良さから付いたとも言われる。なかでも近海に棲むマアジは回遊魚だが、根に居ついて大型に成長したものを特別な名前、ここでは"黄金アジ"と呼ぶ。脂が乗り身はぷっくり。食通もうなるおいしさだ▼ちなみに近くにはヒカリモの群生地で、国の天然記念物に指定されている「黄金(こがね)井戸」がある。この発見が飛び切りのアジ名にも由来したのかもしれない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る