房総往来 飛び切りのアジ

山里 吾郎

彼岸の中日、父母が眠る故郷の墓を訪ねた。関東を襲った記録的な豪雨から一転、シルバーウイークは汗ばむほどの好天。日ごろの無沙汰を詫びながら手を合わせた帰途、鋸山の隧道を抜け、内湾沿いを富津方面へ。海をこよなく愛した両親を偲ぶ想いもあった▼魚の干物、サザエなどの貝類…。晩酌用に定番の海の幸を購入したあと、「ここらへんなら黄金アジか。最近、テレビや雑誌で盛んに紹介されている食堂が…」。時計はいつの間にか昼を回り腹も空いてきた▼目当ての店はすぐに見つかった。だが、狭い店先を取り囲むように二重三重の人の列が遠目からでもはっきり見える。「これじゃ日が暮れちまうな」。やむなく最近評判の店はあきらめ、そのまま竹岡方面へ向かった▼もう一軒、久しぶりに行きたい店がある。国道沿い左手の竹岡漁港の前。近づくと黄色の旗に「黄金アジ」の文字。「確か発祥はこっちだったはずだ」。昔の記憶を頼りに『さすけ』から『マルゴ』に乗り換えた▼こちらも駐車場は満杯。ただ店が広い分、30分ほどで店内へ。早速、アジフライと刺身を注文、飛び切りの味(アジ)を堪能した▼鰯と並んで青魚の代表格でもある鯵の名は、もともと味の良さから付いたとも言われる。なかでも近海に棲むマアジは回遊魚だが、根に居ついて大型に成長したものを特別な名前、ここでは"黄金アジ"と呼ぶ。脂が乗り身はぷっくり。食通もうなるおいしさだ▼ちなみに近くにはヒカリモの群生地で、国の天然記念物に指定されている「黄金(こがね)井戸」がある。この発見が飛び切りのアジ名にも由来したのかもしれない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る