季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

最初は《梅雨寒の畳にふれし足の裏》だった。上掲の句に変更したのは考えに考えた末だが蹠などという言葉を用いて良かったかどうか…▼俳人は常により良い句を作ることに専念しているが考えすぎて失敗することもある。それは俳句の語数が極めて少ない上、約束事の多い詩だから過不足なく真意を他者に伝えるのが容易ではないからである。従って句会などでそれを確認する必要性も生じるのだ▼型にはまり、どこか不自由な俳句ではあるが、それでも私が長年にわたり愛着を持ち続けて来た理由は、日々の生活の中、ふとよぎる思いを捉えるのに簡便な詩であるからだ。この小さな詩は畳の感触も、大宇宙に広がる銀河も写し取ることが出来るからだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る