もっとできる 現場目線の協働を

 市民と行政が連携し、まちづくりをする協働が行われて久しい。さらに活発にするためにはどうしたらよいのか。1月29日、『協働に関する講演会』が国分寺公民館にて開かれた。講師は千葉大学法政経学部准教授で(一財)ちばのWA地域づくり基金理事長の関谷昇さん。市原市職員、協働のいちはら・まちづくり会議会員、一般市民など50人を前に『改めて協働を考える』と題し講演した。
 関谷さんは「市民活動団体と行政がしっかり対話を重ね現場目線で考えて」と助言する。行政が、補助金、施設貸し出し、広報だけサポートするのは協働ではない。「現場は多様。職員は生の声を聴いて課題を見つけてほしい」。一方、市民活動団体も行政に頼らず、「会費、寄付のほか、事業収益で活動資金を多角的に集めること」を勧めた。また、「活動仲間が増えないなら巻き込み方を工夫して。高齢者支援から子育て支援へとつなげるなど、切り口を変えればできる」とのこと。若者の田舎志向、観光の体験型志向への変化など「行政も団体も当事者のニーズを知り、活動戦略を話し合うべき」
 成功例として挙げたのは『いすみライフスタイル研究所』。地元若手商工業者、地元農家、不動産業者、旅行業者など多種多様な人を巻き込み、移住希望者を増やした。『さんむフォレスト』は地域資源の山武杉を使った住まいづくりを提唱し、技能継承、自然保全、生活スタイル見直しにつなげた。「どちらもきちんとした計画はなく、現場の活動のなかで発展していった」という。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る