体協通信

海と風を愉しむ市原市のヨット人口の向上を目指して
市原市ヨット協会

 市原市ヨット協会は、ヨットを通じて市原市民の体力の向上及びスポーツ精神を養い、併せて会員の親睦を図ることを目的とし昭和49年に設立されました。市原市にある三井造船㈱のヨット部が当協会の前身であり、現在のところ、唯一の所属団体です。
 活動の海域は千葉市にある稲毛ヨットハーバー(稲毛海浜公園内)を拠点に行っています。一般市民向け普及活動は、日本セーリング千葉県連、千葉県実業団、各市ヨット協会と協力のもとに実施。年間の普及活動には、個人や親子がヨットに触れて楽しむ「ヨット入門コース」、「親子ヨット教室」そしてヨットを一人で操船するための「帆走技術判定」、そして同ハーバーで安全にヨットを楽しむ為の「安全講習会」等があります。また「帆走技術判定」とは異なり、学びながら操船資格を得ることができる「公認ヨット教室」(日本セーリング連盟からの委託)も5月~10月まで、毎月1回予定しています。
 大会や普及活動・親子ヨット教室・クルーザー体験等の照会や参加申し込みについてのお問い合わせは、左記まで。
・稲毛ヨットハーバー 
TEL 043・279・1160
FAX 043・279・1575

・ヨット協会 鶴岡
TEL 0436・41・1221
FAX 0436・41・1281

 まだまだ、市原市のヨット人口は非常に少ないです。本紙記事を契機にヨットに興味を抱いていただいた方が協会活動に参加され、ともに盛り上げていければ幸甚と考えますので、宜しくお願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る