体協通信

海と風を愉しむ市原市のヨット人口の向上を目指して
市原市ヨット協会

 市原市ヨット協会は、ヨットを通じて市原市民の体力の向上及びスポーツ精神を養い、併せて会員の親睦を図ることを目的とし昭和49年に設立されました。市原市にある三井造船㈱のヨット部が当協会の前身であり、現在のところ、唯一の所属団体です。
 活動の海域は千葉市にある稲毛ヨットハーバー(稲毛海浜公園内)を拠点に行っています。一般市民向け普及活動は、日本セーリング千葉県連、千葉県実業団、各市ヨット協会と協力のもとに実施。年間の普及活動には、個人や親子がヨットに触れて楽しむ「ヨット入門コース」、「親子ヨット教室」そしてヨットを一人で操船するための「帆走技術判定」、そして同ハーバーで安全にヨットを楽しむ為の「安全講習会」等があります。また「帆走技術判定」とは異なり、学びながら操船資格を得ることができる「公認ヨット教室」(日本セーリング連盟からの委託)も5月~10月まで、毎月1回予定しています。
 大会や普及活動・親子ヨット教室・クルーザー体験等の照会や参加申し込みについてのお問い合わせは、左記まで。
・稲毛ヨットハーバー 
TEL 043・279・1160
FAX 043・279・1575

・ヨット協会 鶴岡
TEL 0436・41・1221
FAX 0436・41・1281

 まだまだ、市原市のヨット人口は非常に少ないです。本紙記事を契機にヨットに興味を抱いていただいた方が協会活動に参加され、ともに盛り上げていければ幸甚と考えますので、宜しくお願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る