海と風を愉しむ市原市のヨット人口の向上を目指して
市原市ヨット協会

 市原市ヨット協会は、ヨットを通じて市原市民の体力の向上及びスポーツ精神を養い、併せて会員の親睦を図ることを目的とし昭和49年に設立されました。市原市にある三井造船㈱のヨット部が当協会の前身であり、現在のところ、唯一の所属団体です。
 活動の海域は千葉市にある稲毛ヨットハーバー(稲毛海浜公園内)を拠点に行っています。一般市民向け普及活動は、日本セーリング千葉県連、千葉県実業団、各市ヨット協会と協力のもとに実施。年間の普及活動には、個人や親子がヨットに触れて楽しむ「ヨット入門コース」、「親子ヨット教室」そしてヨットを一人で操船するための「帆走技術判定」、そして同ハーバーで安全にヨットを楽しむ為の「安全講習会」等があります。また「帆走技術判定」とは異なり、学びながら操船資格を得ることができる「公認ヨット教室」(日本セーリング連盟からの委託)も5月~10月まで、毎月1回予定しています。
 大会や普及活動・親子ヨット教室・クルーザー体験等の照会や参加申し込みについてのお問い合わせは、左記まで。
・稲毛ヨットハーバー 
TEL 043・279・1160
FAX 043・279・1575

・ヨット協会 鶴岡
TEL 0436・41・1221
FAX 0436・41・1281

 まだまだ、市原市のヨット人口は非常に少ないです。本紙記事を契機にヨットに興味を抱いていただいた方が協会活動に参加され、ともに盛り上げていければ幸甚と考えますので、宜しくお願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る