学校と地域が連携、湿津中が全国交通安全優良学校に

 市原市立湿津中学校が、1月に都内で開催された『第56回交通安全国民運動中央大会』(全日本交通安全協会と警察庁共催)で交通安全優良学校表彰を受けた。県内唯一、中学校は全国10557校の中で3校のみ。その経緯を「長期に渡る学校と地域の連携、取り組みが評価されたのでしょう」と校長の伊妻(いづま)勝彦さん。6~7割の生徒が自転車通学をしている同校では、以前、大切な命を交通事故で失った。現在は『湿津小学校区小域福祉ネットワーク』や町会、『市津地区交通安全協会』がボランティアで登下校の見守りを続けている。また、県教育委員会からの指定で、2年生を対象に自転車免許制度講習会を開いたり、生徒会が主体となって自転車の安全点検を促すなど、交通安全への意識は高い。
 登下校時、見守りのボランティアの人たちと生徒は元気に挨拶を交わす。「素直な心が育っている生徒たちは交通安全の指導も受け入れやすい。感謝の気持ちを素直に出せるから、地域の人たちもまた一生懸命、見守ってくれる。教員と生徒、学校と地域が強い信頼関係でつながっている」と伊妻さんは胸を張る。『つながり』は最高の交通安全教育なのかもしれない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る