養老渓谷活性化イベント開催 いっぺあde渓谷 ─いいでしょ、養老渓谷!─

 3月18日から3日間、小湊鐵道養老渓谷駅前にて、養老渓谷活性化イベント『いっぺあde渓谷』が開催された。「いっぺあ」とは、養老渓谷周辺の方言で「いいでしょ」という意味。養老渓谷の活性化と市原市の新たな特産品・イノシシ料理を知ってもらうため、イベントを開催。一過性のものでなく、継続して認知されるように、今後も紅葉の時期が終了するまで、毎週土・日・祝(11~15時)開催予定だ。
 会場となる駅前ロータリーには、『いっぺあde渓谷』や『いちはらワイルドポーク』(イノシシ肉)などの、のぼりが立ち、地元や市内の飲食店有志の皆さんがイノシシ肉入りのハンバーグやラーメン、焼きそば、カレー等、ほか加工品・菓子の販売をした。
 その場で調理し、出来たての熱々を頬張る来場者に感想を尋ねると、「都会のレストランのジビエ料理は高いけど、ここではリーズナブルにいろんなイノシシ料理が食べられるから嬉しい」、「今、流行りで話題にもなってるから一度食べてみたかった。美味しいです!」、「全然、臭みがないんですね」と大好評。
 また、養老川漁業協同組合の皆さんも鮎を焼いて販売。これからは地場野菜も充実していきたいとのこと。
 駅舎前では、里山ファームの皆さんがジェラートやポン菓子、作りたての団子やいなり寿司等を販売。化学肥料や農薬を極力使わずに生産した農産物を原料に保存料や着色料などの食品添加物を使わずに製造。いずれもお手頃価格で、アッという間に完売となった。お隣の新鮮産直野菜も売れ行きは上々。
 同イベントの主催はイベント名ともなっている『いっぺあde渓谷』。今年2月に市原市に認定された新しい活動団体である。代表の『お坊さんバラエティぶっちゃけ寺』に出演している地元、朝生原にある宝林寺の住職・千葉公慈さんは「里山トロッコ列車の運行に合わせ、地元の方々や市内の飲食店の方々が協力し、ジビエ料理として開発したメニューなどを提供し、観光客をもてなすことで観光資源として、養老渓谷の活性化が図れれば」と熱く語り、その後、駅前広場で太鼓を叩き、会場の雰囲気を盛り上げた。尚、養老渓谷駅は、年内にロータリーとトイレ改修工事が予定されている。
 これから新緑が輝きを増す養老渓谷。是非、散策、ウオーキングに出かけ、ご当地グルメも堪能してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…
  2.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  3.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  4.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  5.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  6.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  7. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  8. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  9.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る