森に忽然と姿を現すマルシェ計画

アートいちはら2016春

2017年の『いちはらアート×ミックス』に向け、森の中に市場を作る『いちはらのもり アートマルシェ ichimaru(いちまる)』のプロェジェクトがスタートした。
制作を主導するのは前回のアート×ミックスでIAAES(旧里見小学校)の美術室を世界の名画の模写で埋めつくした豊福亮さん(40)。場所は未定だが、「作る人の自由な発想を生かし、ブラジルのファベーラ(スラム街)のような建物群を展開したい」と構想を練る。
5月5日、プロジェクトに先駆け、同校美術室にて『いちはらのまちの模型作り』のワークショップが開かれた。ワークショップはカッターやグルーガンを使い、豊福さんが用意した木の枝や葉、タケノコの皮やカラフルな羽でマルシェの小屋の模型を作るという試み。取材時は、市内在住の親子4人が少数民族の住まいに似た建物を楽しそうに作り、八王子市から訪れた女性が「新潟の芸術祭で日常の景色のなかに異質な物が存在する不思議に衝撃を受け、アートにはまった」と手を動かしていた。
豊福さんは廃校を約6万個の浮きや漁道具で装飾したカラフルな立体作品や、建物内部に雑貨を貼り、全面黄金色に装飾した豪華な作品などで知られる。きらびやかな作風の豊福さんが市原の自然豊かな森にどのようなマルシェを出現させるのか。想像すらできないが、何だかわくわくする。現在、一緒に作品作りをしてくれる人や自然素材を提供してくれる人を募集中。予測不能の作品の出来栄えは参加するあなたしだいかも。

問合せ アート×ミックス実行委員会事務局
TEL 0436・50・1160

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る