森に忽然と姿を現すマルシェ計画

アートいちはら2016春

2017年の『いちはらアート×ミックス』に向け、森の中に市場を作る『いちはらのもり アートマルシェ ichimaru(いちまる)』のプロェジェクトがスタートした。
制作を主導するのは前回のアート×ミックスでIAAES(旧里見小学校)の美術室を世界の名画の模写で埋めつくした豊福亮さん(40)。場所は未定だが、「作る人の自由な発想を生かし、ブラジルのファベーラ(スラム街)のような建物群を展開したい」と構想を練る。
5月5日、プロジェクトに先駆け、同校美術室にて『いちはらのまちの模型作り』のワークショップが開かれた。ワークショップはカッターやグルーガンを使い、豊福さんが用意した木の枝や葉、タケノコの皮やカラフルな羽でマルシェの小屋の模型を作るという試み。取材時は、市内在住の親子4人が少数民族の住まいに似た建物を楽しそうに作り、八王子市から訪れた女性が「新潟の芸術祭で日常の景色のなかに異質な物が存在する不思議に衝撃を受け、アートにはまった」と手を動かしていた。
豊福さんは廃校を約6万個の浮きや漁道具で装飾したカラフルな立体作品や、建物内部に雑貨を貼り、全面黄金色に装飾した豪華な作品などで知られる。きらびやかな作風の豊福さんが市原の自然豊かな森にどのようなマルシェを出現させるのか。想像すらできないが、何だかわくわくする。現在、一緒に作品作りをしてくれる人や自然素材を提供してくれる人を募集中。予測不能の作品の出来栄えは参加するあなたしだいかも。

問合せ アート×ミックス実行委員会事務局
TEL 0436・50・1160

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る