森に忽然と姿を現すマルシェ計画

アートいちはら2016春

2017年の『いちはらアート×ミックス』に向け、森の中に市場を作る『いちはらのもり アートマルシェ ichimaru(いちまる)』のプロェジェクトがスタートした。
制作を主導するのは前回のアート×ミックスでIAAES(旧里見小学校)の美術室を世界の名画の模写で埋めつくした豊福亮さん(40)。場所は未定だが、「作る人の自由な発想を生かし、ブラジルのファベーラ(スラム街)のような建物群を展開したい」と構想を練る。
5月5日、プロジェクトに先駆け、同校美術室にて『いちはらのまちの模型作り』のワークショップが開かれた。ワークショップはカッターやグルーガンを使い、豊福さんが用意した木の枝や葉、タケノコの皮やカラフルな羽でマルシェの小屋の模型を作るという試み。取材時は、市内在住の親子4人が少数民族の住まいに似た建物を楽しそうに作り、八王子市から訪れた女性が「新潟の芸術祭で日常の景色のなかに異質な物が存在する不思議に衝撃を受け、アートにはまった」と手を動かしていた。
豊福さんは廃校を約6万個の浮きや漁道具で装飾したカラフルな立体作品や、建物内部に雑貨を貼り、全面黄金色に装飾した豪華な作品などで知られる。きらびやかな作風の豊福さんが市原の自然豊かな森にどのようなマルシェを出現させるのか。想像すらできないが、何だかわくわくする。現在、一緒に作品作りをしてくれる人や自然素材を提供してくれる人を募集中。予測不能の作品の出来栄えは参加するあなたしだいかも。

問合せ アート×ミックス実行委員会事務局
TEL 0436・50・1160

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る