ママの笑顔をサポート「ままのわ」

 茂原市保健センター内の産前産後サポートセンターでは、同月齢の母子が交流する『ままのわ』が月2回開かれている。取材した4月28日は生後1カ月から2カ月児と母親8組が参加していた。
 予防接種の説明後、マットの上に赤ちゃんを寝かせた母親たちは、助産師らが見守るなか、「朝から晩まで泣かれ、身を削るような1カ月だった」、「これでいいのか不安」など子育ての悩みについて語った。「母乳不足かもしれない」という悩みには「順調に体重が増え、次の授乳時間まで間が空くようなら大丈夫」、「授乳で手を痛めた」という母親には手に負担のかからない抱き方のお手本をみせ、助産師がきめ細かくアドバイスする。はじめは緊張気味だった参加者同士も楽しそうに語り合い、我が子の身体計測を終えるころには「同じ悩みを持つ方と交流できた」、「専門家と話せて安心した」とリラックスした表情になった。
 昨年12月に開設された産前産後サポートセンターは妊娠、出産、子育てを切れ目なく支援するため、「ままのわ」に加え、助産師による個別相談会、妊娠希望者のための講座、健康講座も開催している。担当の保健師は「身体計測や子育て相談などいつでも気軽に利用してほしい」と話す。講座の日程などは広報、市HPなどで確認のこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る