ママの笑顔をサポート「ままのわ」

 茂原市保健センター内の産前産後サポートセンターでは、同月齢の母子が交流する『ままのわ』が月2回開かれている。取材した4月28日は生後1カ月から2カ月児と母親8組が参加していた。
 予防接種の説明後、マットの上に赤ちゃんを寝かせた母親たちは、助産師らが見守るなか、「朝から晩まで泣かれ、身を削るような1カ月だった」、「これでいいのか不安」など子育ての悩みについて語った。「母乳不足かもしれない」という悩みには「順調に体重が増え、次の授乳時間まで間が空くようなら大丈夫」、「授乳で手を痛めた」という母親には手に負担のかからない抱き方のお手本をみせ、助産師がきめ細かくアドバイスする。はじめは緊張気味だった参加者同士も楽しそうに語り合い、我が子の身体計測を終えるころには「同じ悩みを持つ方と交流できた」、「専門家と話せて安心した」とリラックスした表情になった。
 昨年12月に開設された産前産後サポートセンターは妊娠、出産、子育てを切れ目なく支援するため、「ままのわ」に加え、助産師による個別相談会、妊娠希望者のための講座、健康講座も開催している。担当の保健師は「身体計測や子育て相談などいつでも気軽に利用してほしい」と話す。講座の日程などは広報、市HPなどで確認のこと。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る